2017/05/14.Sun

いちばん遅い桜の便り (伊万里染付桜文猪口)

沖縄を梅雨入りにした前線が来て、雨がたっぷり降り、夏椿が開花。
ヤマボウシの枝にも白い花が浮かぶ。
この季節に咲く木の花は、「白」の印象。
夏椿もヤマボウシも芽出しは地味で、早春はクロモジやアオダモ、
コハウチワカエデを堪能していたけれど、
ここにきて、あぁ、この花を待っていたんだよなぁ、としみじみ眺める。
移植のために少し枝を落としたので、今年はそんなに咲かない、
そう言われていたけれど、自分のヤマボウシが咲いた嬉しさは格別である。

庭をぼーっと眺めながら、「あの辺りに夏、ヤマユリが咲いたら綺麗だろうな、
来年は植えてみようかな。」などと妄想していたけれど、
今日ホームセンターに行くと球根が処分品になっていた。
流石に暑くなってからの処分品というのは根付くのがむつかしく、
あまり買うことはないのだけれど、1年待つよりちょっと試してみようかな、
と根が乾いていないものを選んで連れ帰る。育ってくれるかなぁ。。
(寸分のスキマも逃さず花を仕込む三毛庵である。)

北海道から親戚が来て、向うはようやく桜が咲き始めた、という。
日本で咲く終いの桜。
といっても山桜や千島桜などである。ソメイヨシノは育たない。

IMG_2523.jpg

連休に猪口を買った。
すこしずんぐりとしていて、これにアイスクリームでも盛ったら
美味しそうだな、と思ったのである、、アイス食いでもないくせに。

IMG_2524.jpg

オカメ桜のような、可愛らしい桜である。
切れ込みのある五弁の花びら、丸弁の五弁で表す梅と並んでときめく意匠。

IMG_2526.jpg

そこここが慎まやかな猪口。

IMG_2522.jpg

この源氏香の見込も、ちょんちょん、と描いて佳い。

庭では待ちに待った、「ベイシーズ・パープル・ローズ」が開花。

IMG_2512.jpg

これも魅惑の五弁である。
ハイブリッド・ルゴサ(ハマナス系)で、蕾や葉っぱ、
それに小豆色の枝など、花が咲いていなくても美しく、
庭にあるとうれしくなる薔薇である。(実や紅葉も期待できる!!)
日本人好みのクラシカルでミニマムな美しさに溢れているが、
意外と言っては失礼だけれど、アメリカ人の作出で、1968年と
50年ほどの昔であるので、オールドローズという訳ではない。
そういえば香りのミニバラ、スィートチャリオットもアメリカの作出、
もしかしてアメリカって素晴らしい薔薇の宝庫なのであろうか♪

(↓庭の記録)
>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |