2017/06/22.Thu

お詫び (プレスガラス籠目文角小鉢)

昨日アップした記事に目いっぱい書いた妄想について、
もっとちゃんとした情報を教えていただきました!
鍵コメさま、ありがとうございました。
ということで、三毛庵の勝手な妄想を読んでしまわれた方は、
お手数ですが昨日の記事に書いた訂正内容@をご一読いただけると幸いです。

・・・ということを本日はお伝えしたかったので、ネタはないのであるけれども、
せっかくなので漁った画像をアップする。

IMG_2575.jpg

これでもかと無駄に多い、プレスガラスの器であるが、
これはピノがひと箱分ちょうど入るスグレモノなのである。
いや、ピノは箱からそのままつつけばいいだろう、というご意見は差し置いて、
ひと箱分ちょうど、っていうのが三毛庵にはうれしいのだ。

三毛庵はアイスはふだんちょびっとしか食べない。
なので、ちょびっと食べられるピノはお好みであり、
そのピノがちょうど入る器もお好みなのである。

IMG_2576.jpg

無色のプレスガラスってまぁジミィなものであるが、
よく見ると籠目とか鎬とか、とってもおされなのである。
(でもってそこそこの時代もある古びた色合いの硝子。)
小鉢っていうのも気が利いているよな~。
ま、それだけのことであるが。。

(↓風のあいだ放ったらかしだったお庭の記録)
>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/06/21.Wed

葵のなぞと (伊万里染付騎馬武者文小皿)

早くに目が覚めると雨で、水遣りいらんな、、と思った。
部屋の整頓なんかをしていたけれど、一時間早く仕事にいくことに。。
朝は作業が捗るし、今日中に終えたい仕事もあったのでちょうどいいかなと♪
(一年で一番昼が長い日は仕事をするのである。)
という訳で、思惑通りに本日の仕事を終えてちょっと一息なのである。
今月はもうずーっと風邪で、何をする気にもなれなかったので、
ちょっとの時間とちょっとの元気は、たいへんにありがたいものである。
お庭は新しいので、自分が好きなものしか植わっていないのであるが、
冬にホームセンターで売れ残りを見かけて、常緑のものが欲しくて買ったのがこちら。

IMG_2671.jpg

フリルのツワブキで、冬には黄色い菊のような花も咲いていた。
地味なものであるが、日ごろ何気に目に入る中、結構お気に入りである。
フリルが装飾的だけれど、周りから浮いた感じもなく、
大きすぎず、ギボウシのように冬落葉しない上に虫にもあまり好まれない♪
とにかく手がかからないのに艶やかでいつでも綺麗!おりこう~。

IMG_2673.jpg

このでっかいブロンズフェンネル氏もなかなかいい仕事ぶりでお気に入り。
(画像は見上げて撮るほかないので、なんだかなーであるが。)
何しろちまちまなお庭であるので、高さを演出してくれるものは貴重な存在なのである。
のんちゃんが、少し大くなるものも、、と推奨してくれたけど、ほんとそうだな。

IMG_2689.jpg

フシギな図柄の小皿があった。
騎馬武者っていうのかな、江戸後期伊万里だけど、
このお方はお江戸の人ではないよなー、もっと昔のお人だ。

IMG_2690.jpg
(長径10.5cm)

【2017/06/22追記】
鍵コメさまより貴重な情報をいただきました。
葵と騎馬武者は京都上賀茂神社の競べ馬の神事ではないか、とのことです。
そっかー!「葵」は「葵祭」のあの葵だったのね!!(気付けよ三毛庵(笑)。)
あわてて検索すると、なるほど~♪
(ちなみに鍵コメさまの仰るとおり、下賀茂神社には流鏑馬神事があって
なかなか紛らわしいのであるが、この絵は弓ではなく刀のように
見えるので、やはり上賀茂神社が正解でせうか。)
おぉ、なかなか由緒正しきお皿なんだ♪
でもそうすると、これは伊万里ではなく江戸後期以降の京焼の可能性も?
ますますわかんなくなってきたなぁ~。

鍵コメ様、貴重なご指摘、ほんとうにありがとうございました。
拙ブログにお付き合いくださいまして、嬉しい限りです。
また、毎度の妄想にて皆さまに誤った情報を流布いたしまして申し訳ございません!!
とはいえ、恥も顧みず書いてみるものだな~、と思いましたです。
このように自分で探せなかった(←ほんとに考える力が足りない!)情報に
辿り着くことができましたので。
ということで、「山吹」バージョンを探す、という野望は潰えたものの、
風雅なお皿にますます目がハートになるのでした。

【追記終わり、↓は当初の妄想原文です。。】


誰か名のあるお方なのだろうと検索するとすぐに分かった。
この方は、おそらく木曽義仲殿である。キーワードは「騎馬武者 葵」。
そっかー平家物語かぁ・・・風流♪
葵とは葵御前を暗示しているようである・・・ん?巴御前じゃなかったっけ?
浅学の三毛庵はそう思ったのであるが、
木曽義仲は強い女子がお好きだったそうで、中でも巴御前、葵御前、山吹御前は
有名らしく。
んー、ぢゃあ、このお皿も「巴」バージョンとか「山吹」バージョンとか
あるんかな~。(すぐに思考がお皿のほうへ移ってゆく三毛庵。)

でもなんだな、ネットでの検索は至って便利でありがたいけれど、
自力で八方手を尽くして調べる能力はどんどん落ちていく気がする。
きっと木曽義仲の時代のお人から比べると、思考能力というか
知恵のようなものは格段に低いんだろうな。
あの、パソコンの画面に勝手に展開される綺麗な?景色の画像なんぞ、
正直言って三毛庵は気色悪い。
だって、勝手に色々見せられても素直に綺麗!って思えないやん。(ひねくれもん。)
そーゆーの、お仕着せ、っていうんぢゃないのか?
それに比べると、お江戸のお皿の謎かけは奥床しいなー。
うん、こっちのほうが愉しいであるぞ。

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
2017/06/18.Sun

 癒し系・いやしい系 (昭和ブルドックぬいぐるみ)

こっぴどく風邪を引いたのであった。
ふらふらとスーパーへ行き、大好きな梅の季節がやってきたのを知っても、
「いや、全然ムリだし。」と肩を落とすほどの意気消沈であった。
先週は空梅雨で、庭の草花も危うく枯れかける事態であった。
いやほんと、からだが資本である。

昨日あたりから意欲は出てきて、でも余力はないなぁ、、という状態。
のんちゃんに向かって「た・い・く・つ・だぁ~」と叫びながら
ひたすら安静にする。
今日は可成り復活(でもまだ頭は痛い)。

どうせ寝ているんだったら、せめて脳内だけでも遊べないのか、
と目論む三毛庵であったが、世の中そんな甘くはない。
いちばんエネルギーを消費する「脳」を、
病気の時に使おうというのは無謀というものなのだ。
燃費の悪い三毛庵の脳は、働くことを断固拒否するのであった。

IMG_2680.jpg

そんな訳で、病み上がりには癒し系のふるものである。

IMG_2683.jpg

布地の皺の寄り方もブルっぽくてよろしい♪

IMG_2682.jpg

おしりも勿論キュート!!なのである。

(↓記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/06/11.Sun

梅雨入りの庭で (色絵金彩河骨文印判皿)

いつも行くホームセンターには、メダカ池用の水生植物が色々とある。
燕子花なんかもあったりして、おぉ、家の池に燕子花が咲いたらすごいなー、
と眺めているのである。
ちょっと気になっているのは河骨(コウホネ)で、
家のなんちゃって池でも咲くのかな?と横目で見ている。

IMG_2666.jpg

その、河骨と思しき文様の印判を見つけた。

IMG_2665.jpg

この頃の金彩の印判は、なんといえばよいのか
粗末と言っては失礼だが、金彩に反比例するようにちゃっちい感じのものが多い。
このおも金彩のほかは、薄い水色と翠色の釉薬がさっと塗ってあるだけで、
まぁ他愛ないことこの上ない。
そうなのだが、その薄っすらとしか使えなかった色絵を効果的に使って、
簡単なりにグッドデザインに仕上げているのに感心した。
アシンメトリーな構図もなかなか宜しい。
そう思って眺めていると、放置しておくのはなんだか勿体ない気がして、
たっぷり5寸はある使い勝手にも期待し持ち帰ることにした。

IMG_2660.jpg

印判は平日の慌ただしいご飯でも何気に手に取ることができ、
といって簡単おかずでも侘しい気持ちにはならないナイスなアイテムだ。
この日は鮭の端っこと納豆に長芋の短冊と、お手軽に食したが
実においしい晩御飯をいただいた。

春に生まれた子メダカは順調に成長して、1cmぐらいになったやつもいる。
(とはいえ、いくらか自然に淘汰されているのは、致し方なしか。。)
先日お友達が少し連れ帰ったが、それでもまだ沢山いる♪

のんちゃんが金ちゃん池で餌をやっていて、
「あれ?ここにも子メダカがいるよ!」

IMG_2679.jpg

皆さま、見えますでしょうか?画像の真ん中あたりにいる子メダカ。
見ると親メダカや金ちゃんが近づくと水草の陰に隠れている。。
ということで、都合2匹を子メダカ水槽に保護したのであった。

IMG_2651.jpg

先週は梅雨入り前に、と鉢植えのラベンダーを剪定した。
この辺りの庭はいかに夏を越すかが一番の課題である。

IMG_2644.jpg

三毛庵のゼラニウムコレクションのうち、
数少ない定価で買ったやつが咲いている、可愛い♪
あとの蚊蓮草やらローズゼラニウムやらはみんな処分品だったけど、
やっぱり綺麗に咲いている。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/06/06.Tue

こころに響くもの (不染鉄展覧会&秦テルヲ展覧会)

ひと月後には、東京ステーションギャラリーで不染鉄の展覧会が始まる。

◆没後40年 幻の画家 不染鉄◆
平成29(2017)年7月1日(土)~8月27日(日) 東京ステーションギャラリー
平成29(2017)年9月9日(土)~11月5日(日) 奈良県立美術館

東京のパンフレットには、
「暮らしを愛し、世界(コスモス)を描いた。」とある。
なかなかよいキャッチコピーだ。

IMG_2663.jpg

IMG_2664.jpg

いちおうパンフを載せてみたものの、不染鉄の絵は繊細でなかなか良さが伝わらない。
ご興味のある方は是非とも現物を見ていただきたいものである。

私が鬱を乗り越えて復職したのが平成20年(2008年)、
その年の今ごろに不染鉄の絵に出会い、病気を越えて目に映った
普段の暮らしの美しさが、そこに描かれているのに驚いたのである。
私は「絵は買うものだ」と知ったのであった。
念のためブログを漁ってみると(こういう時に日記というのは便利)、
2008年6月の記事にそのことを書いていた。
ずっと9年間、この展覧会を待ち望んでいたことになるが、
その9年は私が「絵好き」になって、自分なりに佳いと思うものを
少しずつ集めてきた9年間でもあった。
集めるというのは何か違うような気がする、、この絵と暮らしたい、と
切羽詰まって思ったものを傍に置いてきたのである。

9年というと、それなりに歳も取った訳で、
このごろは後先も顧みず絵やふるものを買うのはいかがなものか、と
世間一般のジョーシキが頭をもたげたりもする。
小市民なのである、肝が据わらない。
それでもやっぱり、いっときこれの主でありたい、
そう思うよな、絵やふるものが現れて、逡巡するのである。

不染鉄を知ってから、時折おじゃまする星野画廊さんから
展覧会の案内をいただいた。

IMG_2661.jpg

今年は秦(ハダ)テルヲの生誕130周年なのだという。
図録の表紙となっている「慈悲心鳥の唄」を入手され、
そのお披露目を兼ねての展覧会とのことで、さっそくおじゃました。
秦テルヲが本当の画家である、という認識はずっとあったが、
これまで実物をまとめてみる機会はなかった。
(京都国立近代美術館などで回顧展が行われたのが2003年であるので、
私が絵を買うようになる5年も前のことである。)
大正期の代表作の、闇の底から浮かび上がるような絵のイメージしか
なかったのであるが、結婚して子供が生まれた後半期の
(「慈悲心鳥の唄」もそれにあたる)仏画的な画も素晴らしく、
また、終戦の年に病死する直前に描かれた自画像には圧倒された。
これほど一生を通じ、目で見てこころで感じたものを
嘘偽りなく描き表わし続けるというのは、画家にとって並大抵のことではないと思う。

それにしても星野画廊さんは立派な図録を作られたものである。
秦テルヲについては、今は知ってる人はちゃんと知っているのであろうけど、
それでも損得を考えたら、こんなことはできないだろう。
絵を一枚買うにあたって悶々とする小市民な私など、
それで食べていくと肝を据えておられる
星野さんの爪の垢でも煎じて飲むべきかもしれない。
(いや、やっぱりそれは・・・勇気が要るな(笑)。)

「生誕130年 秦テルヲの生涯」 星野画廊
~2017年7月8日(土)  月曜・6/18(日)休廊
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
2017/06/05.Mon

腰掛けながら (昭和のスツール)

狙いすまして市にいったところで大した収穫などないものであるが、
ふらふらと彷徨っていれば、思いがけない出会いにときめいたりもする。
へーっ、こんなんあるんや、っていうの、愉しいのである。

のんちゃんが小さい椅子を見つけた。

IMG_2657.jpg

スツール、ってやつか。
布張りが、うちにあるのんちゃんの椅子@と同じ時代感で気にいって、
座り心地も上々であったので連れ帰る。
何処に置くのがいいんかな、と思っていたら、
埃を払っていたのんちゃんがキッチンに設置してくれた。

IMG_2655.jpg

台所仕事をだらだらとこなす三毛庵であるので、
鍋を掛けているあいだ、あるいはお湯が沸くまでのあいだ
ちょんと腰掛ける・・・実によい案配。
味気ない今出来のものを置くのはつまんないし、
といってこだわりの椅子を置くほどには頑張れない。
そのような三毛庵であるので、この腰掛けにはゴキゲンなのであった。

脚の高さもほどよくて、いかにも作業の合間に腰掛けるのに具合がよろしい。
気持ち良すぎて、勝手口の窓からの音や風、
向うに見えるリビングの様子、それらと一緒にぼんやりしてしまう。
ぼんやりしながら、迷い事やら何やらが浮かぶのであるが、
ここちよい、時を忘れるよな時に、やっぱりただぼんやりするのである。

IMG_2627.jpg

赤いスカシユリが艶やかに咲いた。
先週の嵐の翌日に咲き・・・

IMG_2658.jpg

今朝もう一輪が咲いた。
庭にたまにこういうお色、よいな。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/06/01.Thu

蕾、時々雨 (馬の玩具文・波千鳥文印判皿)

突風が吹き、雷とともに雨が降り出した。
昨夜も雨が降り、日中は気持ちよく晴れていたが、今宵も雨である。
そろそろ梅雨入りだろうか。
ずっと庭も乾いていて、一年目の木を心配して水やりしていたので、恵みの雨。
木もひと息つくし、私もひと息つく。

仕事やら雑事やら、何とはなしに気忙しい。
気忙しい合間にも、植えた草木の心配をしたり、
絵やふるものとの暮らしについて考えたりと、ぼんやりする間はない。
まぁ人から見れば、ふるものを見てぼんやりしているようであろうけど。。

IMG_2428.jpg

IMG_2430.jpg

印判皿など見ても、綺麗だな、可愛いな、と考えるのであるからして、
考えることは尽きないのである。正直テレビを見る暇もないほどだ。
まぁそれが、何かに役に立つのかと言われると答えに詰まるが、
役に立つことだけが尊いと思うのはけちぃような気がする。
それでも、、きれいなものについて考えることは、
やっぱりどこかで人のためになることのように思うのであるが。

IMG_2621.jpg

スカシユリを2本植えた。
いつものホームセンターでのまたもや処分品、まだ蕾のものがあった。
欲を言えば、球根を植えて芽が出、やがて蕾を見るのが楽しいけれど、
ポットのまま咲こうとするユリは憐れであった。
できるだけ、最初から植わっていたかのように、来年も育つように植え付ける。
だんだんと色づいて膨らむ蕾を見ると、お手軽乍ら夢も膨らむのである。
そういえば、この前処分球根を植えたヤマユリも芽を出した。
本当ならとうに背が高くなっている筈で、このまま育ってくれるのかは謎であるが、
それでも芽が出ただけでも嬉しいのである。

IMG_2622.jpg

昨夜の雨で少々傷んだけれど、去年お庭を作り始めて
すぐに見つけた処分品(笑)、プリンセス・ケイトが咲き始めた。
薄っすらパールピンクがかった様な、さすが「プリンセス」なクレマチスである。
夏に向けて植えたのは、ヒオウギ、ユウスゲ、夕顔、モミジアオイ(白)、
昔は四季咲きなどを尊んだが、今は夏から秋はぼちぼち花を見れれば十分かと。
モチロン?定価品、三毛庵処分品ばかりを買っているわけではない。
いや、正確にはついでに処分品も買ったのであるが。。
アメリカ藤である。
勝手口の門扉の横が殺風景で、なにか細身の植物を置けないかと
常々思っていたのであるが、アメリカ藤は蔓を細身に仕立てられて、
大きくはならないのでコンテナでもOKなのだそうである(ほんとかな?)。
しかも二季咲するというなかなか欲どしい品種である。
花は来年、という処分品を取り寄せたところ、花がらがあったので
来年咲くのを楽しみに植えた。
すると今朝見ると、なんと二季目の蕾が上がっているではないか!!
おぉ、オトク感満載♪
薔薇の季節が済んだらあとはぼちぼち花を見れれば、などと澄ましていた
三毛庵であるが、「夏にも咲く藤」に興奮冷めやらぬのであった。

だってねぇ、蕾には夢が膨らむのであるからして。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |