2017/09/09.Sat

朝露とパン (伊万里色絵菊文小皿)

重陽、西の空に白んだ月。
朝露でも集めて飲もうかと思うほど早く目覚める。
これはずーっとお世話になっている薬の副作用のような気もしているが、
結局のところこれがいちばん合うようである。
ほんとうに少ない量の処方で、飲まなくてもあんまり
変わらないんじゃないかななどと思うこともあった。
先日、台風の影響があまりに酷くて、すこし処方を変えたところ
起き上れないほどの副作用を呈してびっくりした。
ずいぶん久しぶりに(おそらく2年ぐらい?)気分的にも鬱状態になって、
よくもこのような酷い時間を6年も過ごしたものだとさらにびっくりした。
経験者の自分でも健康な時は、鬱が当人にとってどれほど深刻なものか、
実感としてはなかなか得ることができないらしい。

IMG_2869.jpg

ホームベーカリーにセットしたパンが焼けるのを待ちながら、
机の上のお皿を眺める。
重陽の節句にぴったりな、菊の文様である。
たまに見かけるような文様ではあるのだが、昔の人は
どうして菊の花を後ろ向きに(額のほうから)描こうと思ったのだろう。

IMG_2870.jpg
(径11cm)

少し計り発色がくすんでいるけれど、それが却って
いつの間にか夏が去ったこの季節にあっている様な気がする。

新しいお家に入ってもうじき一年になる。
ふるいものたちのお蔭で、余所余所しい新居に越した、
というような違和感もなく暮らしている。
すこし変わったのかな、と思うのは三毛庵とお皿の関係性である。
良い意味で前ほどにはお皿に依存しなくなったように思う。
依存とは何かといえば、お皿があってようやく自分が成り立っていたような、
そういう危ういバランスを保っていたことだ。
今は、すこしずつ自分らしく暮らしが整って、お皿は過大な役割を
要求されることもなく、落ち着いた様子でその中に溶け込んでいる。

IMG_2868.jpg
(先日、赤福餅をお土産にいただいたので、さっそく食する。)

さて、そうこうしているうちに、朝ごパンが焼けた。
あれからミックス粉でパン・ド・ミを作って満足し、
満を持して週末、国産小麦粉でのパン焼きである。

IMG_2871.jpg

お、満足できるほどには膨らんでいる。
(国産小麦粉だと膨らみが少し足りなくなるらしいが、それほどでもない。)

IMG_2872.jpg

ひゃー自家製とは思えないほど旨そうであるぞ!
小麦粉は北海道産の「春よ来い」を使ってみた♪
だいたい一斤分に100円ぐらいかな、バターなどのその他材料や
電気代を入れると、市販の食パンよりは多少割高かもしれないけれど、
ちゃんとした材料の、美味しいパン!!
お皿以外のものにはそうそう投資をしない三毛庵であるが、
これはいいなぁ、家電って優秀だなぁ♪

ということで、美味しい珈琲を淹れて、ブルーベリーもちょびっと摘んで、
贅沢な朝食をいただいたのであった。
(ブルーベリー「パウダーブルー」はまだちょびちょび採れていて
粒はそれほど大きくはないが甘くて食味もよく、おススメ品種である。)
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |