FC2ブログ
2017/12/31.Sun

祈りを込めて (銅版画 小さな菩薩像)

静かに過ぎようとする2017年、
佳いこともあったし、気を揉んで過ごしたこともあった。
でも、こうして静かに振り返ることができて何よりだ。
若いころは陳腐だと思っていたような平穏な日々というもの、
そんなに簡単なことじゃないのだと、だんだんに思う。
1年過ぎるのが早くなるばかりであるけれども、
それでも過ぎ去った一瞬一瞬のことを思い出したりする。

IMG_3187.jpg

市から連れ帰った小さな迷子の菩薩。

IMG_3191.jpg

幼い顔をして、

IMG_3189.jpg

一心に祈っている。

IMG_3184.jpg
(マットの窓のサイズ 5 × 9cm)

ぼろぼろであったので、綺麗な額装にして、
お線香を上げた。

IMG_3180.jpg

三河雲竜椿の蕾が膨らんだので、お正月に咲いてほしいなと、
部屋に入れてお水をしっかりあげたら咲いてきた。

IMG_3182.jpg

お正月の切り花の代わりに飾ることに。。
枝がくねくね曲がっているのでちょっと盆栽っぽいところがいい感じ♪

IMG_3193.jpg

毎年決まったものを作るぐらいだけれど、今日はおせちを作る。
黒豆とごまめは外せない。

IMG_3192.jpg

これも必ず作る、煮しめ(辰巳芳子さんの本から)。
姪っ子が綺麗に重箱に詰めてくれた。
豪華なおせちもよいけれど、
普通のおせちを今年も作り、食べる倖せ。
作ることは祈ることで、食べることは生きることだ。

どうぞ来年もよい年でありますように。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/12/26.Tue

時を旅する (オキュパイド人形)

クリスマスも終わり、2017年もラストスパートである。
お仕事も結構な追い込みでへろっへろな三毛庵、嗚呼ふるものに癒されたい♪
別にふるものぢゃなくたってよかろうとは思う。
美味しいデザート然り、綺麗なお洋服然り・・・
でもふるものは、「時」という特別な空気を纏っていて、
それは少しの想像力があれば、例えば旅のように自分を遠くへ誘ってくれる。
三毛庵はお家に居ながらにして、旅をしているのである。

IMG_3160.jpg

シュールな色合いのロバ氏である。

IMG_3159.jpg

Occupied Japanのものだが、そのような刻印はなく、
ただforeignと書いてあるように読める。
70年ほど前のものは骨董以前というべきかもしれないけれど、
若い人にとっては新鮮であろうし、もう十分に時の香りを放っているように思う。
ささやかだけれど、手に入れて嬉しくて仕方がなかった。
こういう気持ちは、がらくたでも伝世の名品でも、優劣はつけられないものだ。

IMG_3161.jpg

のんちゃんがわんこを手に入れた。

IMG_3158.jpg

こちらは手描きのリモージュのもの。
ロバ氏のペイントも手描きだろうけれど、まぁリモージュのほうが上等に違いない。
でも可愛さにおいては決して引けを取らない。

IMG_3163.jpg

ほら、ロバの荷車にわんこを載せてみたけれど、
どちらも輝いている♪

IMG_3179.jpg

ロバ氏のお顔の造りが、いまどきののっぺりしたものじゃなく、
なんだか彫り出したように造形的で、こういうところは三毛庵の中でポイントが高いのである。

(↓庭の記録)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/12/25.Mon

新たな世界と (セルロイドとブリキの玩具)

昨日の不染鉄のカレンダーで思い出したのだけれど、
不染鉄展の図録は21年前同様に会期中に売り切れたそうである。
彼が画中に細々書いた賛を読みたいと思う人が多いらしい。
それで実は増刷をしていて、それには新発見の「仙人掌」@の図像が追加されているのである。
へへっ、三毛庵はそのバージョンの図録も持ってるもんね♪

三毛庵が不染鉄に出会い絵の世界にはまって9年が過ぎた今年は、
ちょこちょこと軸を買った一年だった。
今や床の間どころか和室のないお家が大半である。
三毛庵のうちも床はないのだが、織部床風のニッチを切ったおかげで
小さなものなら掛けられるようになり、それが結構楽しいのだ♪
今日は初めて書の軸を買った。
熊谷守一いいなーとか思うけど、欲しいと思うのは手が届かないし、
井上有一すごいなーとか思うけど、これまた高嶺の花だし自分には少し違う、、
なかなか欲しくて手の届くのがなかったのん。
でも見つけたのん、何かこれとは対話ができる、そう思うのを。
書の難しいことはさっぱり知らない三毛庵であるが、
また少し新たな世界が拡がるかな、と楽しみなのであった。
(またここで詳しくご紹介できるとよいのであるが。。)

さて、画像は軸とは無縁、クリスマスなのでオモチャの世界♪

IMG_3153.jpg

ゼンマイでチリチリ走る、セルロイド&ブリキのオモチャ。
オモチャをたまに買うのも楽しい♪
っていうか、お部屋になぜか違和感なく溶け込んでるなー不思議!?

IMG_3147.jpg

マッチョなうさぎ氏と、、

IMG_3146.jpg

タロットの愚者みたいなあひる氏。

IMG_3156.jpg

何処へゆくのかなぁ。

IMG_3173.jpg

イブの夜は鶏モモ肉を焼いただけ。
その昔、デパートのお土産に鶏の丸焼きがあったことを思い出したよ。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/12/24.Sun

聖夜のころ (雪だるま手焙り)

例年はクリスマス寒波、などというけれど今年はその前から寒波で、
むしろ今は少し暖かくなっている。夜には雨になるようだ。

昨夜ちょっと早いけど、いただいたスパークリングワインを開けて、ご馳走にした。
冬のお庭の彩に、と手に入れたふるものにキャンドルを灯す。
(今宵は雨なら灯せないなぁ。。)

IMG_3172.jpg

愛嬌のある顔がゆらゆらしている。

IMG_3142.jpg

雪だるま、ほんとうは手焙りであるのだが、キャンドルを入れると丁度良いのだ。
お庭に使えそうだな、と思うとこれまた欲しくなってしまう三毛庵である。
お部屋のカスタマイズもするが、お庭のカスタマイズもするのである。
確か勝見充男さんの本、「骨董自在ナリ」に同手が載っていたように思う。

IMG_3171.jpg

ご馳走は上等なお肉で、もうちょっと焦げ目をつけたかったのだが
気を遣い過ぎたような気がする、、でも美味しくいただいた。

IMG_3168.jpg

古い洋モノのポストカードをお飾りに。

IMG_3169.jpg

市で何枚か組で売られていたもの。

IMG_3157.jpg

JALのARTカレンダーの表紙が宗達のわんこだった♪
カレンダーの季節であるが、今年は素晴らしいものをいただいた。
なんと敬愛する不染鉄様のカレンダー!!である。
東日本鉄道文化財団のもので、今年東京ステーションギャラリーで
不染鉄展を開催し、好評を博したので作成されたようだ。
お見せできないのがザンネンだが、とても素敵なもので
不染鉄の名作の中から12か月の季節に合うものがチョイスされている。
(例えば、あの「廃船」は終戦記念日のある8月の画である。)
今年一年、不染鉄展に浮かれた三毛庵であったが、
最後に素敵なプレゼントが届いたのであった。
これは三毛庵の宝物だなぁ♪
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/12/23.Sat

アドベント (昭和レトロな栓抜きと缶切り)

このところ大変に忙しい上に高ストレスで
のんちゃんを始め、周りのいろいろな人にやな態度を取っていた三毛庵、
昨夜ちょっとした失敗をやらかして、深夜タクシーで職場に戻る羽目に。。
イライラしてたのが失敗のもとだなぁ、としょんぼりしながら
ようやくタクを捉まえたところ、この運転手さんが男気溢れるおっちゃんであった。
事故渋滞や忘年会騒ぎを避けてスイスイ連れて行ってくれ、
料金が一番少なく済む方法で帰りも三毛庵を送り届けてくれた。
プロフェッショナルな仕事ぶりでとても親切にしてもらった三毛庵は
気が付けばこころのトゲトゲがとれていたのであった。

そんな日々であるので、今年はあまりクリスマス飾りもできていない。
それでも、年の瀬の市でみつけたグッズをちょこちょこ飾る。

IMG_3136.jpg

キッチンに飾った、オモチャの兵隊みたいなやつ。
小さな目をした寄り目くんと大きな目をした離れ目くん。

IMG_3170.jpg

栓抜きと缶切りなのだ。
しかし今や栓を抜くことも、缶を切ることも必要のない世である。
平成も終わらんというこのごろ、昭和も遠くなりにけり。。

IMG_3137.jpg

先日椿を買えなかった三毛庵、結局のところやり場のない気持ちは
ネットでのお買い上げに・・・(笑)。
三河雲竜椿、枝がくねくね曲がるやつ。
お部屋で加温してもお正月までには咲かないかなぁ。。

IMG_3138.jpg

・・・っていうか、買えなかった以上に買っている三毛庵であった。
昨年はセーブして、有楽と加茂本阿弥に絞ったのに、
買いそびれたのを探しているうちに、いろんなものが欲しくなり。。
出雲大社赤藪椿、月照、桃色卜伴、湊晨侘助。

IMG_3140.jpg

開花の早い湊晨侘助はもう咲き始めていた。
そういえば・・・今年は高山でも銀葉椿を買ったんだよなぁ。

IMG_3141.jpg

蕊が出て、麗しいお色が見えてきた。
しっとりとシルクのような花びらが見えてくると、
寒い郷里の祖父の温室で咲いていた椿の花を思い出す。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/12/17.Sun

悔やまれる日も (ステンドグラスランプ)

お正月の飾りによさげな椿の寄せ植えを見かけ、
花期などを確認し、それじゃあ・・・と思って
一瞬のんちゃんを目で探した隙に、
ほかのご婦人にその鉢を買われてしまってショックな三毛庵である。
骨董ではないので、同じ品種の椿を探せないわけではないけれど、
手元にあるイメージが浮かんだものを持ち帰れないというのは切ないものである。

蚤の市でステンドグラスのランプを見かけた。
分解されて箱に入っていたので、電気がつくのか聞いてみると、
たぶんつくんじゃないかなぁ、、とのこと。
そんな調子なもので、いたって処分価格のお値打ち品であった。

部屋の照明はごくフツーのLEDであるので、
アクセントになるようなライトにはちょびっと興味があった。
今はもう、家の中をなんでも古物で、などと思ってはいないけれど、
満足のいく品質のものは、新品では結構なお値段がする。
なので安全に使え、お値段に比してナットクできる品質で、、
アンティークなどではなくとも、そのようなものが蚤の市にあればなぁ、と
思ったことはあったのだ。

という訳で、どんなライトを、、などと考えていたわけでもないので、
思いがけず安いから買うのか?と自問自答はしてみたけれど。。

IMG_3124.jpg

そんなに凝ったデザインではないけれど、三毛庵のうちには
このぐらいのシンプルなやつでよかったように思う。
(そりゃあティファニー調とか素晴らしいけど、きっとうちには合わないだろう。)
安心のMADE IN JAPAN、三越製作所のものである。

IMG_3123.jpg

全体はこんな感じ。。偶然見つけたにしては上々かな?

IMG_3125.jpg

明るいところで。

IMG_3126.jpg

台座も可愛い感じ♪

市で見つけたものでお家をカスタマイズするのは愉しいなぁ♪
・・・といいながら、あの椿が悔やまれて仕方のない三毛庵なのであった。

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2017/12/09.Sat

凍える市の (和製シャーロット人形)

IMG_3096.jpg

お寒うなりやした。

IMG_3098.jpg

寒そうな子を連れ帰る。
背中にMADE IN JAPAN の刻印、和製シャーロット人形。

クリスマスやお正月のための品々が並び、賑わう歳末の市。
三毛庵も浮かれてあれやこれやを買うのであるが、
箱の隅っこから拾い上げた、このちっぽけなお人形に心ときめく。
帰り路、ごそごそと引っ張り出して眺めやる。

IMG_3101.jpg
(約11cm)

フローズン・シャーロット、あったかいお風呂に入れてあげないとね!
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |