FC2ブログ
2018/05/29.Tue

美味しい葉っぱ (備前葉形向付)

朝早くに目覚めてしまった。
布団の中でうだうだしてもしょうがないので、起きて庭に出る。
気になっていたタマアジサイの苗のところに行くと、
やっぱりまだ毛虫がいて、美味しそうに葉っぱをかじっていたので国外追放。
(シロヒトリの幼虫?)
個人的に幼虫系は激しくニガテなのだが、
葉っぱを美味しそうに食べる姿はいじらしいと思う。

IMG_3557.jpg

マルバクチナシがたくさん咲いた。
樹はそんなに面白くないけれど、つぼみや花の姿は面白く、
香りもあって実は有用、スペースがあればひとつぐらいあっていいと思う。
・・・ただこれもムシがなぁ。。ありえなくデカいの、オオスカシバかな?
あれはムリです。。時々花を育てているのか虫を育てているのか分らんくなる。
ムシ画像は出さないので、もう少しムシの話を、、。
6月に要注意なのはイラガとチャドクガの幼虫である。彼らには毒があるので見つけ次第処分。
卵を産み付けられた葉っぱから拡散する前に逮捕することが重要だ。
でも、個人的にどうしても許せない感じがするはチュウレンジバチの幼虫。
デカくもなく、どうってことない気がするけれど、イヤなのです。
つる薔薇の新梢に発生するのが忌々しい感じ。

IMG_3558.jpg

ヤマアジサイの白扇はたわわに咲いて、病害虫知らずでいいなぁ♪

IMG_3559.jpg

クレマチスのプリンセス・ケイト、コハウチワカエデのほうに伝っていって可愛い。
クレマチスも基本的に丈夫でいいんだけど、
週末ガーデナーだと、なかなか誘引をするお暇がなく、
だいたいあらぬところで咲いてしまうのがザンネンなところである。

そろそろ梅雨で、蚊も増えるし、暖地では庭仕事はシーズンオフ。
秋まではひたすら水遣り、ムシや雑草との闘いに明け暮れるのみである。

葉っぱというのは古来食器であったりしたわけだが、
葉型のお皿というのがあって、これはなかなか愛らしい分野である。
古染の写しなのか、魯山人とかも作っている。

あーこれ、使ってみたいなぁ♪っておもったもの。

IMG_3561.jpg

IMG_3562.jpg

備前の煎餅皿などは素朴で好きだが、こんな向付は初めて見たなー♪
魯山人より気安いけれど、もっと時代があって飾らない感じがよい。
発色が、ミルクチョコレート風のとも少しビターなのがありまする。

IMG_3509.jpg

早く使いたくて、市場でお昼ご飯のお寿司と大根漬けを買った日、
早速大根を入れてみた。

IMG_3555.jpg

白いもの、美味しそうだなーって思って、豆乳にはいった汲出し豆腐を。
スーパーのお豆腐が、高級料亭風に!

IMG_3556.jpg

お菓子を入れたらどうなるかなー、って芥子餅まで投入。
(ここまでやるか。。)

こういう使い勝手は、なかなかありそうでないと思われる。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/05/26.Sat

植木の市 (再興九谷青手掛花入れ)

IMG_3490.jpg

この季節のモミジはほんとうに瑞々しい。
挿しておいても長持ちするから、ずぼらな三毛庵にはありがたいのである。
置いてある鞘状のやきものは花入れになるんだけれど、
イロハモミジはいまいち合わなかったので、飾りに置いた。

IMG_3551.jpg

今日思い立って、こっちはどうかな?とコハウチワカエデを挿した。
うん、これは可愛い。
花入れは基本的には地味なものがよいと思うけど、
こんな色絵なら、葉っぱだけを挿せばいい気がする。

IMG_3553.jpg

決まり過ぎてなくてイイ感じ♪

IMG_3554.jpg

こんな不思議なもの。。
よい箱に「九谷青?屋造きせる筒?」みたいなことが書いてある。
粟生屋源右衛門だと聞いたけれど、普通の粟生屋のような
楽焼っぽいのではなく、磁器質のもの。
素地は若杉とかなのかなぁ?
へんてこなものだけど、時代はあると思うんだな。
ちゃんと掛けるためのひもを通せるようになっているスグレモノである。
大切に育てているコハウチワカエデの晴れ舞台。

裏に砂利敷きの西向きのスペースがあって、防草シート貼っているのに
油断すると雑草が伸びていて、のんちゃんが気にしていた。
それならいっそ木でも植えて、雑草のはびこるスペースを
減らしちゃえばいいんじゃないかと思い、あれこれ思案していた三毛庵である。
いっそオカメ桜でも植えようかと思ったけれど、桜は虫の温床だからなぁ。。

先日ホームセンターに行くと植木市がきていて、
おぉ、この手があったか、ジューンベリー!!
桜のころに花が咲いて、6月に食べられる赤い実がなり、
秋には紅葉もする。そんなに手もかからない。
若干かわいそうだがなんとか西日も耐えられるとのことである。
ジューンベリーの大きい木はあまり見たことがなく、
もっと大味?って思っていたけれど、あんがい繊細な姿で葉っぱも可愛い。
裏庭なら鳥が来ても厄介なことにはならないしね。

ということで、早速植えました~。種があるけどお味も美味しい♪
IMG_3523.jpg

とにかく秋までせっせと水遣りしなければ。

一昨年植えた庭木がなんとか無事に二年目の春を迎えたのに
気を良くしている三毛庵、実はそのときほかにも気になるものがあったのん。
それはですね、、シロモジ!
家にはクロモジがあり、シロモジの存在も知ってはいたのだが、
実物をみたことがなかったの。
シロモジの株立ち、めちゃこじゃれているではないですか。
ということで、本日植木市の最終日、行ってきましたよ~。

IMG_3542.jpg

葉っぱが繊細で、カエルの手のような、アヒルの水かきのような形なのだ。

IMG_3541.jpg

若芽は赤みがかっている。

IMG_3543.jpg

上向きにつく、小さい実が地味ながら存在感たっぷり。
一本でも結実するって言ってたけれど。。
春先に黄色い可愛い花が咲き、秋には黄葉もするという楽しみの多い木である。
虫は少なそうだけれど、ハキリバチがガンガン葉っぱを切り取ってしまうのがちょっと笑える。
クロモジはしっとりと和庭に合う風情だけれど、
シロモジは和でも洋でも面白く使えるんじゃないかな~。
ということで、今年も水遣り頑張る三毛庵である。

<今日のお庭↓>
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/05/13.Sun

梅雨のはしり (英吉利からきたちびパニエ)

今日は一転、大雨になる。
6時に起きて、まだ降っていなかったので朝ごはん前に庭仕事。
はびこり過ぎたものを引っこ抜いたり、草花の配置をちょっと見直したり・・・。

IMG_3484.jpg

ざあざあ振り出して、庭の様子を見に行ったら、
カタツムリがのそのそと・・・あぁ、あと半月もすれば梅雨なんだ。
今年は薔薇がとうに満開を過ぎ、いつの間にかヤマアジサイも色づき始めている。


IMG_3489.jpg

庭の移り変わりに目を奪われてばかりなせいか、
こんな籠を見かけると、これに花を入れられないかな~とか思うのである。
これはですね、ちびっこなんです。
普通の籠に入れるほど、大々的に花を切れない三毛庵であるが、
これならケチケチと切ったお花を入れられそうだもの。

IMG_3488.jpg

西洋の籠はお洒落過ぎてうちには合わないのであるが、
ちびっこな分ずんぐりとして愛嬌たっぷり、、なところがツボだったのだ。

IMG_3486.jpg

わーい、籠だ籠だぁ!・・・わらわらと集まってくる。

IMG_3487.jpg

ぬいぐるみのお舟のようである。。


(庭の様子)

じゃんじゃん咲いた薔薇の画像もあるのだが、
雨の日の気分はこんな感じかな~。

のんちゃんのお池に去年孵ったメダカをリリース。
バスタブみたいなお池は花に囲まれた(って囲まれ過ぎだが。)

IMG_3476.jpg

左側のお花は去年満開後の処分品を地植えにしたコガクウツギ。
右側は大好きなヤマアジサイ『白扇』。
葉っぱもしゅっとしてライトグリーンで、庭にあるとうれしい。

IMG_3470.jpg

右の八重タマノカンザシは仮住まいの時も持ち歩いた大鉢。
左のブルーグレーのホスタは『ハルシオン』(これも去年の処分品!)。
なんだか処分品なお庭であるが、植えたものが翌年咲いて、
あぁ根付いたんだ、、って思えるのがお庭のヨロコビなのである。

ホスタ系は油断するとナメクジに食われるので基本鉢植えなのだが、
ハルシオンはまずいのか食われないらしい。
去年3芽だったのが4芽になったので、1芽を地に下ろしてみようかな。
ハルシオンは枯れたのか?って思うほど春の目覚めが遅くて、殖え方もゆっくり。
雨の庭でそろそろ枯れる水仙の葉っぱを眺めていて思ったんだけど、
これを水仙のぎりぎり手前に植えたらいいんじゃないかな。
水仙が咲いてから芽が出て、水仙が枯れた場所を葉っぱで隠してくれるという技を
期待したりして。
殖え方が遅いのもうちのようにぎゅうぎゅうに植えるお庭では好都合である。
庭の広さ<欲しい草花、、な三毛庵、密植ワザを考えるのに余念がない。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |