FC2ブログ
2018/06/04.Mon

うさぎシステム (鉄製うさぎ置物)

IMG_3574.jpg

へんてこなものがあるなぁ、、西洋の玩具?でもなんだかなぁ。。
などと思いつつ見ていると、主が言う、
「これはね、車輪が動くねん。だからちょっと上等やねん。」
「これって外国のん?」
「いや、日本製。昭和50年代に高岡で作られたもの。」
「へーっ、高岡って銅だけじゃないんだ。」
鉄のものなど注意してみたことはないので主の言を信じるほかないのだが、
このようなものの氏素性がそんなに詳しく分かっているというのもびっくりである。

IMG_3576.jpg

車輪があるから玩具っぽいけど、まぁまぁリアルうさぎだし、
重たい鉄では子供が扱うシロモノではないような気がする。

IMG_3575.jpg

となるとこんなものがあるのはナゾであるが、鉄の質感も面白く、
大人のために作られたのならなかに粋なものである。
うさぎシステム2と命名。

うさぎシステム1はというと、最近作ったこちらである。
IMG_3518.jpg

暖地で庭をしている人が悩むポイントは、エアコンの室外機前である。
熱風に吹きさらされるので、並大抵の植物は育たない。
なので、どうしてもそこだけ寂しい場所になってしまうのである。

という訳で三毛庵、最初は素敵なブロンズの彫刻でも置こうと思ったのん。
ネットで高名な作家の素晴らしいのを見つけたのだが、
当時とても体調が悪くてなんとなく入札できなかった。
で、当面はなんちゃってシステムを作ることに。。
可愛いうさぎ氏は樹脂製です。。
樹脂があかんとは思わないけど、時の経過で程よく風化はしてくれない気が。。
まぁそこが悩ましいポイントである。
高さを出すために置いた鉢は余っていたものの流用。

IMG_3519.jpg

高級ヘデラ、『雪の華』のポット苗をばらしてまぶしておきました!

IMG_3592.jpg

ごく最近の画像、ひょろひょろと細い葉っぱが伸びてきている。
うさぎシステム1にはまだ仕掛けをしてあるのである。
結構可愛くできたなぁ、と悦に入っているのであるが、
出来たばかりの樹脂製というものはアクセントにはなっても、
こころの拠りどころ、という訳にはいかないものである。
そう思っていた三毛庵、この後新たな出会いが待っていたのであった。。
(つづきはそのうち。)

IMG_3563.jpg

去年処分品を買って植えた、赤いスカシユリ(品種名不明)が咲いた♪
>>続きを読む
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |