FC2ブログ
2018/11/26.Mon

花の全て (九谷庄三錦絵徳利)

野紺菊「夕映」がいつの間にか終わってしまい、
台風のせいで紅葉も綺麗とはいいがたく、もう庭には佳い花がない。
椿が咲き始めればよいのだけれど、まだ切れるほど育ってはいないし。

IMG_3843.jpg

花を飾っていた棚が寂しくなったので、旅先から連れ帰った徳利を置く。
特別に凝った手ではないので何となく眺めていたけど、ああこれ好きだな、って思ったもの。
九谷庄三であるが、本庄三なのか弟子筋なのかはちょっと自信はない。
プロじゃないのでえらそーには言えないが、写し物ではないだろう。

IMG_3845.jpg

この徳利の佳さは花が好きな人なら分かるかなぁ、って思うのだけれど。
ここには菊の全てが描かれている。
季節になって咲いた花、こと錦綾なす秋の花を見る、
儚くも鮮烈な一瞬を留めんとする、そういう筆に泣けて了うのである。
九谷庄三が黒を使ったはじめであるが、縁取りとか葉っぱの色とか、
この黒がなかったら、こんなにきゅんとはしないだろう。
こういう菊を描く人を三毛庵は信用する。

もうなんか、切なく去りゆく平成の秋なのであった。
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2018/11/16.Fri

しんみりする頃 (竹籠花入)

日の暮れは早くなり、夜の明けるのもすっかり遅くなった。
もう立冬も過ぎたのだ。
あるときふと、オリオン座を空に見て、冬が来るのを知る。

庭ではヤマボウシが色づいている。
台風ですっかり傷んだカエデもいくらか黄葉するだろうか。
今年植えた、ジューンベリーとシロモジもなんとか夏を越した。

IMG_3819.jpg

日が長いあいだは、好き勝手に伸びて、あまり風情のないノコンギクであるが、
晩秋に残照の中で咲いているのを見ると寂しくなる。
これは「夕映え」という選抜種で、ほんとうに名の通りだと思ふ。

IMG_3818.jpg

もう、籠の季節は終わりだろうけど、きっとこれに入れようと。

IMG_3820.jpg

今年は何故か花入れに縁があるのです。
お庭がようやくお庭らしくなったからかな、花入れを呼ぶのかも。
このような瀟洒な籠は、三毛庵にはすこし格が高すぎる気がしたけれど、
夕映えを入れたら、もの哀しく人恋しくなった。
自分で入れた花にそう思うのっておかしいと思うけど。

IMG_3821.jpg

カニ解禁とのことで、三毛庵も初物。
近所のスーパーに少し並んで、味はまぁ普通なんだけど、
並んでいるのを見て、買おうかどうしようか思案するのも季節の愉しみである。
お皿はアマ手の伊万里で、言ってみればみそっかすであるが、
これは佳い山水だと思うのん。
こんな季節だと、これまたしんみりしちゃうよなー。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
2018/11/15.Thu

散り紅葉 (古伊万里染付豆角皿)

近ごろ人生のスピードに追い付けない三毛庵である。
だいたい、春と秋はそれぞれ3か月体調管理のやりくりが大変なので、
つまりは人生の半分を有意義には過ごせない。
とはいえ、その中でも脳ミソも活動停止する日というのは知れているので、
やりたいことは膨大になり、できることが限られるという状態になる。
若いころよりやりたいことが明確であるのに、体はついてゆかなくなるなんて、
老いてゆくというのはいいんだか悪いんだかわかんないなー。

という訳で、久しぶりにうっかり早く目覚めてしまったので、ブログを更新することに。。
(実はひと月も前に撮った画像であるのだが・・・。)

IMG_3808.jpg

旅先で、古伊万里と言えそうな豆皿を買う。
(古伊万里豆皿の定義はむつかしいが、私の中ではそれぞれ、
江戸中期まで、3寸未満・・・である。諸説あるので知らんけど。)

IMG_3807.jpg
(一辺7cm強)

たぶん紅葉系の落ち葉じゃないかとおもうけど、ちょぼちょぼと散らされている。
図柄といい、生掛けなのかな、ちょっと石っぽい上がりといい、
人工物というよりは、自然の端っこをちょっといただいて作ったような風情にときめくのだ。

IMG_3809.jpg

こんなごりっとした高台とか、いいなぁ♪
ありがたいことに近ごろ古伊万里も少しお安くなったので、旅の土産に何気に買えたりもする。

IMG_3811.jpg

いつも、こんな風にしげしげと眺め、こういうぬらっとした釉薬の感じなどにぐっとくる。
(まぁ、なんか・・・世の人には理解しがたい習性である。)

IMG_3812.jpg

今年作った梅干しを載せてみる。
自分で作った梅干しを佳いお皿に載せて食するシアワセ。
世界的に和食ブームとやらで、テレビではグルメ番組があふれているけど、
うちも含めて家庭で作るフツーのご飯、っていうのがいまや一番の贅沢である。

しばらくあんまり更新できていなかったけど、その間にぬか床も復活させた。
ぬか床があると、安いけどちょっと多いなぁ・・・みたいな野菜を買いやすくなるし、
入れておけば漬物が出来上がって買う手間が省けるし、
うちのライフスタイルにおいては手間というよりむしろ合理的なのである。
植物性のペットっていうんですかね、ゴキゲンになったりふてくされたりもするのが
なかなか面白いし。
(秋に作り始めて、すごくおいしくなったなーと思った後に機嫌を損ねられました。。
足し糠がいるなぁ、とは思っていたのに調達できなかったもので。)

IMG_3800.jpg

いただいた新米とぬか漬けと梅干し、このような画像も撮ってあったのに(笑)。
ごはんLOVEな三毛庵は、ようやく平和の圧力鍋も手に入れて、
玄米も美味しくいただく体制を整えたりもしたのである。
世間には、白い炭水化物はあかんとか、グルテンフリーとか、あまたの情報が溢れるが、
一般の人が「選んで」食べられるというのは恵まれていることである。
(体質やアレルギーの問題を抱えた人にとっては深刻なことだが。)
白くない炭水化物を食べるのはいろんな意味で合理的で、三毛庵も取り入れたりしているけど、
白くても白くなくても、「美味しい」ということは重要である。

IMG_3805.jpg

これまたひと月も経った画像で恐縮であるが、
今年小さい苗を買った木槿「白祇園守」は夏に3輪咲いた。
それから枝を伸ばしてこのように秋にも咲いた。
この成長スピードが木槿を庭に植えるのを躊躇させるのであるが、
こんな佳い花が生けられる花の少ない夏に次々咲く魅力には抗えないのである。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |