FC2ブログ
2019/02/28.Thu

二月というのに (刷毛目風粉引の徳利)

平成の仕舞いの二月というのに、ずーっと体調がザンネンなままで、
明日はもう三月だ。
冬型の気圧配置でいて、日差しのほうはどんどん強くなる二月は、いつもは元気なのだ。
関西では庭仕事が一年で一番たっぷりあって、三毛庵サイコーに希望に溢れる月なのである。
正確に言うと、今年も気分的にはサイコーに元気なので、よれよれになりながら庭仕事はしている。
ただ、ほんと体がついていかない、哀しい事態。。
あぁ、明日からまた激動の三月かと思うとため息ものである。
概ねは気象病なのであろうが。

こんなに気象病がもてはやされるのは、人間の活動に起因するせい?なのであろうか。
そう思うと、不満を垂れることもできない動物や、移動することも出来ない植物はとんだ災難である。
昨年の台風など、人様は家の中に避難するのであるが、彼らはどうしてすごしたのであろう。
(台風の後、見かけなかったカマキリの卵を、冬になってヤマボウシの枝の高いところに発見した。)

まとまった雨が降った今朝、待ちに待った水仙「フェブラリーゴールド」が咲き始めた。
うちでは春一番に咲く水仙である。(日本水仙は寒咲なので冬の花。)
古くて丈夫な品種で、きっとガーデナーはみんな好きになる花だ。
週末にゆっくり眺めたい♪

二月の椿は「月光」である。
寒い時期なので一輪一輪じっくり咲くのであるが、日差しの強い二月らしく
その割には次々と咲くのが眺めて楽しい。
三月から咲く椿はだいたいせっかちで、惜しむ間もなく花を落とすが。

IMG_4008.jpg

二月のはじめにみそっかすな枝に咲いたのをいただいた。
なので徳利の口に無理やり載っけた。
徳利は人は「刷毛目」だというのであるが、高台内にも白泥がかかっているので
思うにこれはじつは「粉引」なのである、、ほんとかなー。
何しろダンボからの発掘品ですからね。(なので銘を「すて」という。)
すこしカセはあるのだけれど、月光の紅い色がよく映えて、ありがたや♪
ほんとうはちゃんと徳利も撮りたかったけれど、何しろ「逃げる二月」に間に合わず。。
また今度ゆっくり撮ろう。

IMG_4000.jpg

月光(卜伴)

IMG_4034.jpg

桃色卜伴。
一番綺麗な時に余りに庭仕事が忙しくて撮ってあげられなかった。
咲き切ると、紅い卜伴のほうが可愛らしい感じ、桃色のほうは少し立派な?風情。
咲き始めのころのお菓子のような可愛らしい姿を撮ってあげたいものである。

IMG_4033.jpg

3年目の有楽は小さい木でも沢山咲いている。
これも一番綺麗な色の時に撮ってあげられず、すこし色が薄れているかな。
三毛庵何につけあまりピンク色というのを多用しないのであるが、
有楽のピンク色、最愛。

今年はプリムラLOVEな年で、ホームセンターのまだ十分楽しめる処分苗や、
定価の高級苗、それからネットでも少しだけ取り寄せた。
ぎゅうぎゅうに密植するので、知らぬ間に虫に食われて滅亡するのもあるのだが、
園芸種でも八重咲のものなど、意外や夏越しをしてくれたりするのが楽しみである。

去年のガーデンプリムラが蕾を伸ばし始めた。

IMG_4031.jpg

今年の処分苗はじゃんじゃん咲いている。

IMG_4036.jpg

去年のガーデンシクラメンが上手く年を越した(白い花が丈夫なのかな?)横に、
処分品のプリムラを植える。まだ蕾があるし、葉っぱも可愛いからな。

IMG_4015.jpg

これは定価で少しお高かったけれども、でも立派な株で、
まだ冬枯れの寂しい庭で存在感を放っている。
こんなの夏越ししたらいいんだけどなー。

IMG_4023.jpg

同じシリーズのシルバーのほうは、斑入りのヤブコウジの横に植えた。

IMG_4022.jpg

福寿草も咲いた。
当然のごとく、お正月向けの処分品で、売っているときからかなり根を切られており、
寒地では知らないけれども、暖地で地植えはなかなか活着が難しい。
山野草鉢で育てるべきなのかな、、
でも実家の大きな紅葉の下に生えていたのを忘れられず、ヤマボウシの根元に植えた。
(週末ガーデナーでは小さな鉢植えはなかなか管理が難しいのだ。)

IMG_4018.jpg

という訳で、お花ばっかりのブログな二月が終わる。
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/02/10.Sun

連休中日 (ナゾの織部徳利とお雛様。)

今朝は晴れて、放射冷却なのかよく冷えた。
洗濯機を回してのんちゃんを誘い、近くのホームセンターをはしご。
日本水仙が好きなのだけど、去年ははじめ鉢に入れていたせいか、
今年は花を休んでしまったのね。
先日、芽出し球根があったので一つ買い、それでもう少しだけ買い足そうかなと。
昨日ぼーっと庭を眺めて、冬場だけは日が当たる隅っこに日本水仙がちょうどよいなと。。

IMG_3987.jpg

これはこの前買った芽出し球根のもの。
しばらく庭で咲かせて、満開になったので、切ってきた。球根太って欲しいしね。
寒い時期に合う、清らかな香りがする。

IMG_3995.jpg

水仙を二種挿す、というのは不自然と言えばそうなのだけど、
昔からある、品種不明のものが咲き始めたので一緒に。
庭ではやたら茫々になるので隅に追いやっているけど、
日本水仙とは違って、一種ではなく、何かに添えやすいようなタイプの花。

IMG_3989.jpg

庭で茫々でも、こんな品の佳い花なので、切ったほうが生きる感じ。

IMG_3998.jpg

ほんとは満開になる前に切ったほうが季節らしくてよいけれど、お庭でも見たかったしね。
原産は地中海沿岸で中国を経由して渡来したというけれど、
地中海や渡来ルートにも日本水仙は咲いているのだろうか?
花を植えていると、外来生物によるリスクということも思うけれど、
今はもう、すっかり「日本水仙」だものね、これは。(しかも球根には毒性もある。。)

IMG_3999.jpg

徳利はよろよろの輪線文の織部。きっと前にも載せているけど、よく水仙を入れる。
昔気軽なお値段で買ったもので、ちょっとどういうものかナゾだけど、とても好き。
お水を半分以上入れるとじわっと滲みるところがあるけどね(笑)。
 
IMG_3997.jpg

今年は早めに出してあげてよかった♪

IMG_3994.jpg

さて、今日は全力で庭仕事。つるばらとの闘いで傷だらけになる。
皮手袋をすると誘引した枝を結わえるのがやりにくいしなー。
ほんとはもっと吟味して誘引したいんだけど、週末ガーデナーなので納期優先。
なんだかんだ言ってホームセンターで余計な苗も買うので、その埋蔵も忙しい。

IMG_4001.jpg

サカタのガーデンプリムラがなんと処分品で50円♪
草っぽい庭なので、ピンク色は使い方に少し気を遣う。
湊晨侘助の近くにして、いっそピンクなコーナーとかにするとあまり気にならない。

IMG_4006.jpg

こっちのお色も処分苗だったけど、このときはもう少ししたような。
去年買って、野生のプリムラに近くて可愛いな、って思ったんだけど、
地植えで夏越ししたので気にっている品種、、処分苗なんて勿体ない!!

IMG_4007.jpg

その夏越ししたのは、、まだ蕾固し。
肥料もそこそこで密植するのでほんとに野生化している。。
とにかく暖地の庭では夏の温度と湿度に耐えられるかが重要で、
地植えでこんな風に殖えるプリムラってかなりありがたいんだけどなー。

さて、明日は庭に散乱した薔薇の枝やらを片付けまくるぞー!
(散らかしながら作業はしたくないけど、何しろ芽が動くまでの
時間との闘いなので、後でも済む作業は見捨てていくのである。)

 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/02/09.Sat

初めての枝 (多賀大社延命酒徳利)

この辺りは寒さもまぁ平年並みかな、という程度だったのだけれど、
今日はどうにも動けず、庭仕事ができなかった。
気分的には元気なので、ちょっとは庭に出て作業の段取りを考えたりする。
動けないのは忌々しいけれど、庭の僅かなスキマに植えるものの構想を練ったりとか、
動けなくてもできることはあるからね♪
庭仕事に興味のない人は寒いのに手入れ大変ね、とか言ってくださるが、
ほんとのところは冬の庭が一番好きなぐらいなんだけどなー。
雑木の美しい幹や枝ぶり、冬芽の様子を見ることができるのも今だけだし、
さっぱりと剪定した薔薇の枝を見て、素晴らしい花を夢見ることができるのも今だし、
それに地上部が無くなると、なんだかまだ植える場所があるような錯覚を起こすしね(笑)。
(近ごろ掘ってはいけない場所の記憶が怪しくなってきた。。)

有楽(太郎冠者)が少し前から咲き始めている。
有楽と加茂本阿弥は最初に厳選して植えた椿で(結局それだけでは我慢できなかったが)、
有楽のほうはホームセンターの挿し木苗かな、その割には元気に育っている。
加茂本阿弥はその年は見つけるのに苦労してどうにか接ぎ木のを買った。
植え場所が悪すぎるのか、はたまた成長に栄養を費やしているのか、
今年はほとんど蕾もなく、切ってもよさそうな枝もない。
有楽はよく蕾がつくのだけれど、まだ切るのは難しいかな、って思っていたら、
あったのん♪切ってもよさそうな枝が!
短くてひょろひょろの枝に花がひとつだけ開きかけていた。
ということで、家に入ってチビ枝でも入れられる花入を吟味し、
水をいれてから枝を切りに戻る。

IMG_3991.jpg

きっとこれだと思ったのね~♪
去年一重切を見つけたけれど、このようなちっちゃな枝では難しいなと、
小さな瓢形に、、有楽にぴったり。

IMG_3992.jpg

有楽のピンク色にはかすかに青みがあって
花もいかにもワビスケで、花の形も遊びがあって見飽きない。
ぼーっと眺める庭にはぴったりの椿。
去年は小鳥(メジロかな?)が花をついばんだ跡があったから、
きっと美味しんだと思うしね。
3年目のお庭にして、ようやく枝を取ることができてうししである。

ところでこの小さな徳利なのであるが、、

IMG_3993.jpg

多賀大社の古い延命酒の徳利なのだ。
延命長寿の神様、多賀大社の徳利とは軟弱者の三毛庵にはぴったり!
延命酒というのはどうやら養命酒とか保命酒などと同じような、
薬用酒っぽいものであったようだが、神社で造られ、坊人(下級の社僧)が神札など
と共に持って、各地を回った多賀信仰にまつわるものらしい。
この通り、銅板印刷があるので明治期ぐらいはあるのだろうけど、
もしかするとギリギリ江戸期?と思うような、いい質感なのが気に入っている。
(染付の色も沈んでいて、ベロ藍ではないようだし。)
このグレイッシュで愛らしい徳利はどこの磁器なのかなーっていうのが
なかなかナゾなのだけれどね。
達筆の筆は
『御しめ縄 かけて祈らむ いと長き よはひを守る 多賀の社に』
(江戸後期の公卿・歌人である 正三位権中将 千草有功(ちぐさありこと 、1796年-1854年) が読んだ歌とのこと。
「つなぐ三銀蔵」さんのサイトで拝見しました。延命酒についてとても参考になりました。)

鞆の浦の保命酒徳利は見かけたことがあるけど、
多賀にもこういうものがあるって初めて知ったな~。
三毛庵の酒量だとこれぐらいで十二分に足りるので、今度お酒も入れてみよう。

IMG_3990.jpg

思いがけず有楽をゲットしたので、そろそろ掛替えようかなって思っていた軸を
もう少しだけ掛けておくことに(ちょうど寒いしね)。
一年前、さすがにもう手が届かないかな、、って思いつつ、どうにか手に入れた不染鉄。
南画とか好きなので、ひとつでもいいので山水の佳いのが欲しかったのね・・・。
どういうのがいいかというと、浦上玉堂いいなーとか(笑)。
さすがにそれは手に入るはずもないのだが、そういうつもりでものを見ることは重要で、
なのでこれを見たとき、あっ、このテがあったか!って思ったのん。
玉堂レベルで満足ができて、頑張ればまだぎりぎり手が届く♪
いかにも不染鉄、なものではないんだけど、やっぱりこれが描けるのって不染鉄だわ、
って思うのである。
青い墨で冬山のつんとした空気を描いていて、絵空事でない絵。

IMG_4002.jpg

「月照」は去年からずーっとどこに植えようか、鉢植えにしようかと悩んで、
様子見に一年鉢で育てた。
花も端正だけれど、枝ぶりもまぁ端正で、なかなか切らせてもらえる無駄な枝がない(笑)。
一年かかってやっと庭に植えるイメージが湧いた。意外と時間が要ったなー。

IMG_4004.jpg

一月の下旬からスノードロップが咲いている。
(カメラをめっちゃ下で構えてようやく撮れるおチビさん。)

IMG_4005.jpg

これはもう咲き終わりだからか、ウサギの垂れ耳みたいになっちゃっている。
あんまり殖えてはくれないのだけれど、なんとか暖地でも年を越してくれる。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/02/08.Fri

金曜の夜 (古伊万里染付鮎文木瓜型小皿)

金曜日の夜って、何をしてもいいし、何にもしなくてもいい、自由な感じ♪
といっても、家事にしろ、仕事にしろ、だいたいはやりたいことをやっているので、
特に普段不自由ということもないけれど。。
不自由なのはやる気だけはあるのに、動くのがままならないことかなぁ。

最近、ネット上で「収入の少ないほうが家事をやるべきだ!?」論争を見かけ、びっくり。
どうして素直に「やりたくない」って言わないのかなー、まさか本気でそう思っているならコワい(笑)。
まぁ「効率的」ではあるかもしれないけど、「合理的」とは言わないでね。
確かに、金銭のような数えられるものでないと、自分に対する評価を理解するのが難しい、
という人はいて、悪気があって言っている人ばかりではないのは事実だ。
でもまさか、高収入の社会的地位の高い人がみんなそういう個性の持ち主とは思えないけど。
(まぁ、そこまで言うなら主婦業に相応の家政婦代を払うのならまだ分かりますけどね。)
なんか、、家庭内でもそのような欺瞞をおっしゃるのか、と思うと大変だなーと思ったのでした。
近ごろね、自分のちょっとしたこころの動きについて考えてみることがあって、
ヒトってほんとにいろんなことに自分に都合のよい理屈をつけるもんだな、って思った。
なんかそういうのが積み重なると、とんでもなく遠いところに行ってしまうわ、
そう思ってからは気をつけるようにしてるんだけど。。
なので世の皆様もそのようなさびしいことを言わないでくださいね。

IMG_3916.jpg

金曜日にぼーっとするはずが、話がミョーな方向へ。。
(ちかごろ些細なネタでもめっちゃ気になるので、なんか忙しい(笑)。)
お口直しに得意のミニエクレアを♪
昭和の初期ぐらい?ノリタケのカップ、金彩も磁器質も繊細でコーヒーが美味しい。
三毛庵が行き倒れて家事業を放棄した日はこのような図はないけれど、
それだけにおやつの時間にはいっそうのありがたみが感じられるであろう、きっと。

雲のようなエクレアを雲のような木瓜型のお皿に。

IMG_3982.jpg

ほんとは古伊万里の和のお皿。

IMG_3983.jpg

鮎かな?最強寒波到来?に全くの季節外れだけど。。

IMG_3984.jpg

でも立春も過ぎると随分日差しも強く、こんな染付などこころ浮かれるのですけどね。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |