FC2ブログ
2019/05/24.Fri

宣造さんに薔薇を (西村宣造の銅版画)

先日の大雨の後、朝早く見回りをすると、花首の折れたばらが、、
マダム・ピエール・ユラー、今年植えたアーリー・ハイブリッド・ティーだ。
細枝に大きな花が俯き加減に咲くところがクラシカルで、
たっぷりある花弁もじっくりちゃんと開き切って、いつまでも綺麗に咲いている、
考えるとオトクな薔薇だが、そんなオトク感など微塵も感じさせない様な、
典雅な薔薇なのである。

こんなに花びらでいっぱいになってもか細い枝で優雅に咲くのね~、
と感激していたが、流石に雨に打たれて一枝折れていたのでいただくことにした。

IMG_4825.jpg

折れたところを庇ってくれる、首の細い掻揚の瓶に。。
一枝で佳い香りが充満する。

IMG_4824.jpg

まだちゃんと額装をしていないのだけど、西村宣造の昔の版画を飾ってみる。
近所の額縁屋さんで素敵な額縁を見つけたのだけれど、
肝心の中身が決まらずにいた。
西村宣造の粋な版画が後からやってきて、こんな感じにしたかったかなと思う。
宣造さん、粋だな~。

薔薇はどちらかと言えば野趣のある庭向きのものがよいのだが、
薔薇という「文化」には関心があって、なので今年はアーリーモダンもひとつ、
と思ってこの花を求めたのだ。

IMG_4694.jpg

咲き始めはハイブリッド・ティーらしい花形で。

IMG_4726.jpg

か細い枝にも蕾がついて、俯き加減で開き始め、

IMG_4759.jpg

重たげに、でも止むことなく開いてゆくのである。

IMG_4782.jpg

こんな風に中心部が珠のようであったり(バラ色のキャベツ!)、

IMG_4783.jpg

最後にはこぼれんばかりのロゼット咲となる、そしていつまでも咲き、
いつまでも香っている。
こんなに花弁が多くては、蜂も蝶も近づけまいと思うのだが、
一体だれに対して香っているのだろう。

薔薇を育てられる世であることを倖せにおもう時。
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/05/21.Tue

梅雨の前に (伊万里龍文染付飯茶碗)

まとまった雨が来るようだったので、週末は忙しく花ガラ摘み。
早くに咲いたガリカローズの花びらが散らばっている様子も好きだけど、
そろそろ綺麗にしないとね、梅雨が近い。

うすいえんどうも収穫することにする。
遅すぎる頃につるばらのすきまに植えて放置したので、
笑っちゃうほどの収量で、「一合ぐらいは炊けるだろう」と
のんちゃんと言っていた豆ごはん(小エビ入)へと変身を遂げる。

IMG_4804.jpg

笑っちゃう収量でも採れたてのお味は最高!
はっきり言って、外食いらないぐらい美味しいぞ(自画自賛)。

IMG_4820.jpg

無駄にお茶碗の多い三毛庵であるが、外食したつもりで買えばよいのです。
そしてあとはいかにすれば美味しいご飯が炊けるのか、研究あるのみ。

蓋にはさらっとドラゴン。

IMG_4821.jpg

開けると・・・

IMG_4822.jpg

うさぎビーム!なんじゃこりゃ?

IMG_4823.jpg

なかなか笑えるお茶碗であるが、実は結構使いよい。
あっさりした染付は食が進むし、重からず軽からずで程よくしっかりした作り。
蓋も持ちやすくて、何気に使っていて安心感がある。
佳いお茶碗でいただく米の飯、これこそが「和食文化」っていうのではなかろうか♪
(因みにちょろっと映っているお澄ましは「ワカメの姿煮」である。
なんか豆ごはんを炊くのに集中する余り、気づくと切るのを忘れて投入していた!!)

お庭が花盛りで、いつもゆっくり見よう!って思ってベンチに腰掛けたりするのに、
視線の先の虫食い跡や花ガラや、いろんなものに気を取られて気づけば作業にシフトしてしまう。。
この日は・・・

IMG_4794.jpg

あ!たぬきシステムにトカゲ氏が!!

・・・ってトカゲとかカナヘビとか、これは実は、ふだんの光景なのであるが。。

IMG_4803.jpg

ぎゃー、たかられている!!ひえ~。
たぬきシステム様は寛大なのである。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
2019/05/16.Thu

ドルシュキー夫人 (小鹿田焼大徳利)

奄美地方が梅雨に入り、天気図にも梅雨前線が張り出し始める。
昨日は今年はじめて庭で蚊取り線香を炊く。
季節がまたひとつ進むのかな、少し調子を崩した、、(分かりやすいな)。

どちらが先かと言えば、おそらく薔薇を植えたのが少し早かったのだろう。
大ぶりのこの瓶(徳利?)が届いたとき、こうしたいなと、自然に浮かんだ。

IMG_4769.jpg

大ぶりでゆったりと開き、真白なフラウ・カール・ドルシュキー。
こぼれるほど薔薇が咲きほこらなくてもいいのだけど、
家に帰ればあの薔薇が咲いている、そう思えるような薔薇だと思った。

IMG_4772.jpg

大苗を植えたのが少し遅いぐらいだったので、
今年はそれなりに咲いてくれれば十分だったが、
思ったよりもずっと佳い花が、けっこうたくさん咲いてくれて、
下のほうで咲いた端っこを頂戴することができた。

IMG_4770.jpg

大正はあるであろう、古い小鹿田焼もドルシュキーのように大らかで、
だからこういう風に入れたいと自然に思ったのだろう。
フラウ・カール・ドルシュキーは20世紀初め、1901年の作出だから、
この二つには、何か、同じ時代の香りがあるのかもしれない。
懐古とか、そういうことではなくて、こういう花ややきものが生まれる、
そのような文化について、今よりずっと、眩しい時代があったのだと思い至るのである。

それにしても、、佳い小鹿田が手に入って嬉しかったが、
年に一度、こうしてドルシュキーを入れられる、
それだけでも十二分に倖せな三毛庵である。

そして庭部。

IMG_4673.jpg

見ると幸せな気持ちになれる、ミセス・ジョン・レイン。
エントランス用なので、棘が少ない・繰り返し咲・香りがよい・きっと誰もが好き、
そういう合理的な理由を第一に選んだ品種。
でも、そんな腹黒い意図なんか気づかれないほど、ビューティフル!

IMG_4674.jpg

見たらこっちまで薔薇色に染まりそう♪
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/05/11.Sat

妖しの花とばら祭り (色絵くらわんか手花文皿)

IMG_4429.jpg

植物が好きなせいか、こういうのんを見ると、
これって何を描いたのかなー、ってすぐに思うのだけど、なかなかのシュール。。

IMG_4428.jpg

よくぞおに描きましたな!って感じ。
でもこんな、ちょっと棘のあるよなデザイン感覚、イカしてると思うな。
斜に構えて澁澤龍彦読んでみたりな、背伸びしたころに出会ってみたかった。

IMG_4430.jpg

裏はこんな感じ、江戸後期は言っていいのかな~。
でもこれ6寸あって、ありそうで意外にない気がする。
縁に小さな直しがあるので、とってもお買い得だった。
まぁ、直しなんてヤダ、と思えばお買い得じゃないのだろうけど、
普段ちょこっとおかずを盛りたし・・・って手に取ったので、三毛庵的には問題なし。
色絵のおで、ふだんのおかずに合いそうなのんって、
なかなか貴重だと思うんだけどなー。

IMG_4422.jpg

ちょうど美味しい魚醤を手に入れたので、簡単な炒め物を作る。

IMG_4427.jpg

あれっ、盛り過ぎた!!(全くのおしゃれ感ナシ!)
でもグリーンの縁がいい雰囲気にしてくれる。

これにチーズなんぞ盛り合わせて、いい純米酒で一杯、といきたいものだ。

(庭の部・薔薇まみれ編↓)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/05/06.Mon

庭のご褒美 (古道具の小さな椅子)

連休後半はお天気も良く、気温が上がり、夏日になった。
庭の手入れをしながら、暑くなると木陰に逃げては涼む。
ふと、小さな椅子があればちょっと連れてきてここで一息つけるなぁ、
って思ったのん。
涼みながら、見える範囲でどこか改良するところがないかなど、
次の構想を練るのであるが、ぼーっと突っ立って考えるのはなんか寂しい。。
田舎のお年寄りが道端に椅子を出して腰掛けるように、
三毛庵も木陰で椅子に座りたいぞ。

IMG_4511.jpg

そうすると、あるんだな、何故か。。(笑)。
狭い通路でも置ける小ぶりのヤツ♪
背もたれを掴んで連れてくれば、どこでも休憩スペースに。
今年はずっと庭をお手入れし続けたので、
ふるものの神さまとお庭の神さまがご褒美にくださったに違いない!!

特に凝ったものではないけれど、小ぶりだけどしっかりして、
庭に合う黒と茶の色合いで、いい具合に二脚あったりして、
こんな都合の良い話があるんだなー(笑)。

という訳で、今日は作業場と化していたテラスを整理し、
庭椅子をスタンバイさせたのであった。

IMG_4514.jpg

ロサ・バンクシアエ・ノルマリスがだいぶ咲いてきた。
南面の塀伝いに植えているので、三毛庵から見ると北向きの日陰になるが、
一応こちらに向けても咲いてくれる。
日陰に合うライトグリーンの葉っぱ。

IMG_4520.jpg

大鉢植えのガリカローズ「シャルル・ド・ミル」はたわわに咲き始める。
冬にそこそこ剪定しても容易に咲くが、3年目になって凄く良くなった気がする。

IMG_4521.jpg

返り咲き性のあるモスローズ「サレ」も開花。
こちらは葉っぱが少し明るい色で、それがピンク色によく合っている。

IMG_4515.jpg

今年フェンス沿いに植えたブールソール、「アマディス」。
大半フェンスの外を向いていたのだが、ようやく振り向いてくれた!
四季咲き性を追い求めなければ、庭で面白い薔薇ってたくさんある。
花もすぐに散ってしまうのであるが、庭ではいつまでも咲いているのが
よいかというと、一概にはそうもいえず、
葉っぱや枝ぶりなどが面白いと植わっているだけで十分で、
なので季節に花が咲いて、季節が過ぎれば散ってゆけばよいのである。

IMG_4522.jpg

ハイブリッド・ルゴサの「シュネーコッペ(スノーペイブメント)」も開花。
淡いライラック、という不思議な色と育てやすいルゴサ、というのが最大の魅力。
遅くに植えたせいか、芽出しも遅くて気を揉んだけれど、
意外に開花は早かった。繰り返し咲するそうなので、それもちょっと楽しみ。
(やっぱり沢山咲くのは魅力なんだ!)
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/05/04.Sat

ミヤマヨメナ(都忘れ)咲く (吉田包春作 「華几」)

幼少より寝つきが悪く、布団の中で本を読んだりする宵っ張りであった。
そんなわけで、朝も苦手だったのが、このところは5時前には起きている。
歳を取ったということなのだろうが、明けてゆく空を窓から眺めながら
今日一日のことを考えるのは楽しい。

IMG_4487.jpg

都忘れが庭のあちこちで咲き始めた。
庭で殖やすのが苦手な花であったけれど、何故殖えないのかを
去年観察していると、どうやらこの花は美味しいらしい。
花後に殖えはするのだが、密植の三毛庵庭では埋もれている間に
虫やらに食われてしまうようだ。
という訳で、去年は花後の処分品を買ってきて、あまり草に埋もれないところに植え、
様子を観察しながら育てた結果、株分けしてあちこち植えることができたのだ。

IMG_4488.jpg

花台にしているのは、「華几」とあって、正倉院宝物の写しをされていた
吉田包春の作である。
彩絵几(四足臺)というものが宝物にあり、そういうようなものをベースに作成されたようである。

改元の日、当たり前だが我が家にはそれに相応しいものなどないのであるが、
思い出してこれを引っ張り出し、飾った。
昨日になって、小さなお花ぐらいは置いてもいいかなと花も飾る。

なんでこのようなものがうちにあるかはかなりナゾである。
某所で見かけて、放っておかれてはいけない気がして連れ帰ってしまったのだが、
よくよく考えれば、もっと相応しい収まりどころがあったろうに、
このようなところに連れ帰ったことが、ものにとって良かったのか。。

IMG_4489.jpg

だけど、ほんとうに美しい。

軸は、これまた改元にまつわるようなものなどないので、
たまたま手に入れた菊にまつわるものを飾った。(季節は春であるが。)

朝、夜明けを愉しむのと同じように、この連休は夕暮れに沈んでゆく庭を眺めている。
空気も爽やかで、ヤブ蚊もいない庭でぼんやりとしていると、
もうずっと、身体の感覚として思い出すことのなかった、幼いころの庭の記憶が蘇る。
というよりも、あの時と同じように、今ただここに自分がいる、という感覚だけに満たされる。
冬の間手入れをした庭が素晴らしく成長したとか、花が綺麗だとか、
そういうことに満足をしたりして充実を味わっている、というのではなく、
しばらくぶりに、自分が庭の一部になったことを想う。

IMG_4470.jpg

ロサ・バンクシアエ・ノルマリス(白モッコウ一重)
花の形が桜のようで、蕊の色も白っぽく、花の色も真っ白ではなく乳白。

IMG_4485.jpg

騒がしい小鳥のように愛らしい黄モッコウも好きだけれど、
一重の白モッコウって庭では魅力的だと思うんだけどな。
私の剪定が悪いのか、特性なのかは分からないが、黄モッコウのように
ぎゅうぎゅうに咲くということはなく、なぜか日陰からぽつりぽつりと開花を始めている。
ユアンインネルアンブローのスキマを埋めるように開く、
小さくて明るいグリーンの葉っぱもとてもよい効果で、
狭い庭なのでこの二つが同時に咲いたほうがいいとは特段思わないので、
このふたつの組み合わせは私の中では気に入っている。
楚々として咲く白モッコウの後、赤紫でロゼット咲の、贅沢なユアンインネルアンブローが咲く予定。

IMG_4452.jpg

オールドローズの中では一番芽出しも早かった、シャルルドミルが開花。
クォーターロゼット咲の豪華な花だが、品があって葉も美しくてよい。

IMG_4453.jpg

ジュリアも開花。
実はこれ、「つるジュリア」だった!(タグを整理していて「つる」と書かれていて仰天!)
そういえば、花後に伸びるシュートがやけにでかいとか、
去年は少し咲いただけで、あとは花のないシュートになって、???だった。
という訳で、ことしは鉢を誘引できる場所において、頑張ってつるを伸ばしている。

IMG_4467.jpg

今年外に飾るのに入手したミニのつる、『アイオープナー』。
最初の一花。

IMG_4480.jpg

ホームセンターにはよくミニ薔薇が売られていて、残った棒っ切れのような苗が処分品になっている。
のんちゃんが余りの安さにかわいそうになり連れ帰ってきたもの。
(たぶん、パレードの『ミク』。)
冬に綺麗に剪定して、しっかり肥料もあげたらモリモリの開花。

IMG_4484.jpg

ブールソール系という、ちょっとおもしろい品種群。
とげがほとんどなく、一季咲だが紅葉も美しいそうで、四季のある庭に使うのに面白い系統だ。
品種が何かというのが微妙で、『マダムサンシードパラベール』として買ったのだが、
同じ系統の『モーレッティー』のほうに似ている。
植え付けたのが遅かったので、今年は十分な花ではないのかもしれないけれど。
どちらであってもこの花はとても愛らしく、昨日夕闇のなかでそれは綺麗に見えた。
品種違いはきちんと交換の対応はしてもらえるのだが、佳い花なのでこれがいいようにも思う。
こういう間違いというのは、だいたいそれが正しいことが多いものなのだ。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/05/03.Fri

たぬきシステム3 (染付狸文印判皿)

ゴールデンウィークはありがたいことに仕事もお休みなのであるが、
一日だけt遠出をしたほかは、大半を家で過ごしている。
庭が忙しいのと、やりたいことがたくさんあるのとで、結構ご多忙なのだ。

IMG_4433.jpg

のんちゃんが、可愛い印判を連れ帰る。うほーたぬきさまではないか。

IMG_4434.jpg

こっちはちょっと、クマっぽい。。(おひげがないし!)
七草が描いてあるので、お月見をしているのかな?秋のお皿だ。
秋まで待っていられないので、近くのスーパーにお菓子を買いに行ったら、
ちょうどよい、小さなお団子のセットを発見!!

IMG_4438.jpg

なんと!誂えたようにちいさな花見団子と桜餅なのですよん♪
(たぬちゃんは、3.5寸ほどなので、そうするとお菓子の小ささが分かっていただけるかと。)

IMG_4439.jpg

まるでお団子が月になったみたいだなー。

IMG_4440.jpg

たぬきシステム3と命名したが、そういえば2はアップしてないなー。

IMG_4447.jpg

たぬきシステム1さまはいまはこんもりと茂ったお花の中にいる。
なんだかたぬきが続くなぁ、と思っていたら、朝早く、庭の裏をトコトコと、
ほんもののおタヌキさまが歩いていて目が合った。
(一応、普通に都市部なんですけどね。)

IMG_4448.jpg

お出かけしたとき、前回ここはお値段が安いなーって思っていた市場のお店で
ついついお花を買ってしまった。
クレマチスの『カイゼル』といって、このあと中心部が針のような細弁で開いていく豪華な品種。
車での移動が堪えたのか、部分的に立ち枯れが起こってしまい、ちょっと悔しい思いをしているが
たまにはこういう豪華なんもよいな。

IMG_4449.jpg

昨日までは気温の上昇も穏やかだったので、『ラ・フランス』は順番に蕾が開いている。
花弁が多く、開ききらなかったりすることもあるそうなので、今年は上々だ。
三毛庵のなかではハイブリッドティーの剣弁もやっぱり捨てがたいな、とちっちゃくマイブーム。
地植えの薔薇は、庭に合わせて自然な感じのものを中心にしているけれど。。
薔薇が咲き始めていて、令和の初日に白モッコウの一重が咲いた。
昨日は豪華なロゼット咲のガリカローズ『シャルルドミル』が開花。
これは大鉢に植えて、広がらない程度に剪定をしているのだが、
3年目の今年はびっくりするほどの蕾がついている。
昨日は草むしりに忙しかったので、今日はちょっと写真を撮りたいな。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |