FC2ブログ
2019/12/28.Sat

一日が美しい日でありますように (和硝子エナメル彩香水瓶)

クリスマスといえば、その前の土曜日に焼き鳥を食した程度で、
一日を大切に過ごせたかというと自信はないのであるが、
近ごろの極端な論理はあんまりなじめなくて、私などは危急の仕事があれば
できることはすべきだと思うし、家庭に事情があればお互い助け合うことも大切だと思う。
ライフワークバランスなど正解なんてないのだから、一日一日一生懸命生きるしかない。

あーそれでも、誰かを思いやる時間が足りていない自分は少し悲しい。

IMG_6027.jpg

これは茶花とは言わないだろうけど、小さなヒイラギを飾った。
常緑のヒイラギに枯れた射干玉、色がさみしいのでランブラーローズのヒップを添えて。
このような花は、日記のような、あるいは詠み棄てる歌のようなものだ。
のんちゃんにはどのように聴こえているのかな、と思うことはあれど。

IMG_6029.jpg

小さな香水瓶を飾る。
のんちゃんがガラの中から発掘した三毛庵お気に入りのお宝である。
本当は綺麗に洗えばもっと素敵だとは思うけど、僅かに香るので思いきれないでいる。

IMG_6030.jpg

和硝子と言っていいと思うが、エナメル彩の香水瓶は初見である。
よく民芸で取り上げられる、独逸の美しいエナメル彩の瓶があるが、
三毛庵的にはあれに負けじ劣らず琴線にふれるよな小品だと思う。

IMG_6032.jpg

この愛らしさはやはり日本だろうとおもうのであるが。

IMG_6033.jpg

裏はこのような花が掛かれていて、資生堂っぽい図柄であるが、まだ調べがつかない。
今どきのものは下手すると幼稚なものが可愛いなどと言われるが、
こういうものの幼さ、とうのは幼稚とは少し違うのではないかと思うのであるが。
日本のアンティークの中では、いまのところおおよそ精巧なものが海外で人気を博しているけれど、
KAWAII文化が浸透すれば、このようなうぶな幼いものも海外でも評価されるのではないかと思う。

よくあるのだが、なんとなく気になるのだが、自分の既成の価値観が追い付かないことがある。
あるときそういうものの美しさが腑に落ちるときがあり、それって何なのかな、って思うけれど、
それはやっぱり、自分がどれだけ考えて経験を積んだかに掛かっているのではないかと思う。
それでそういうときに感じる美しさとはなんなのか、っていえば、
何かものを介在して、人の美しいところを垣間見ている気がする。
私の仕事など、世に美しさを問うようなものではないのであるが、善くあらんとして成し遂げたことほど
言わなくとも人に伝わるのが不思議なところである。
だからやっぱり、そのような美しさに気付けるような自分でありたいものである。

遊びにいらしてくださった皆様、本年も大変お世話になりました。
今日の一日も美しい日になりますように、、本年の結びに代えて。

スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/12/22.Sun

今日も硝子な (和硝子鎬ショットグラス)

IMG_6026.jpg

どういう訳か、眠れない日があるのです、、爆睡する日もあるというのに。。
ということで、思い立ってウィスキーをショットでいただくことに。
ほぼ下戸に等しいけれど、ちょびっとだけショットっていいもんよ。
下手に割るよりアルコールの摂取量が分かりよく、お水は別で飲めばよいしね。
これにはナッツを、と決めた小皿@に到来の美味しいナッツを載せ、
手に入れたばかりのショットグラスをセッティング。

IMG_6019.jpg

なんということもない、筒のショットグラス・・・のようであるが、
(後ろは上野山清貢ということで、雌阿寒岳と丹頂が描かれて、個人的に嬉しい絵。)

IMG_6023.jpg

ハンドカットの面取りなのである、14面。モチロン底もハンドカットでならしてある。

IMG_6024.jpg

飲み口と底の縁は吹いたときの丸みが残っており、硝子も上質なので、一見それとは分からない、
硝子に興味のない人は今出来と思うかもしれない、言ってみれば見どころの分かりにくいお品である。
(つまりは市場価値はあろうのであろうか。。)
しかしながら、見つけた当人にとっては、やったぜ!感あふれるお品なのである。
こういう、今出来に紛れる質の良い硝子って、きっと明治だ。
そう思っていたら、ふたつが触れたとき、とても良い音がした。鉛硝子?
オールドバカラなどの可能性もなくはないけど、このカットは日本かなと思ふ。
いいんだけどなー、三毛庵の腕では上手くは撮れない。

IMG_6025.jpg

せっかくなので、お人形用のバスケットを取り出して、ここに布を着せて仕込んで、
いつか旅先で冷酒などをいただくのもよいかなー、などと妄想する。
百均のグラスと見せかけて実は凄い、的な!?
でもそれならやっぱり種明かしをしたら、へーって嬉しがってくれる人と一緒じゃなきゃなー。
・・・と妄想は続くのであった。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/12/15.Sun

冬庭のころ (和硝子切子菓子皿)

気持ちの良い冬晴れ、庭仕事にもってこいの日なのに風邪を引いてしまった。
なので今日はお籠りの一日に。
でも頭やのどが痛くて、年末のお掃除とか、やりたいことはみんな棚上げ。

IMG_5985.jpg

画像を撮って、しばらく経ってしまった、、晩秋の栗蒸し羊羹である。
見たい絵を見に行って、へとへとになって甘いものを、と手を出した。
身体を動かすと甘いものを美味しく食べられるよー、と先日知人が言っていたけど、
私、脳ミソの燃費が悪くて、本気出して絵を眺めたり、追い込まれて仕事したときは甘いものが欲しくなる。
人にも拠るんだろうけど、脳ミソのカロリー消費量は高いと思ふ。

IMG_5988.jpg

さて、画像にむむっと思われた方、今日のお気に入りはこのお皿なのである。。
私いつも親バカだなーって思うけど、このお皿ってこっそりすごいなーって感激したのん。
えーっ、ただの硝子皿やん?って思う勿れ。
これ、古い和硝子のハンドカット、、切子のお皿なのだ。
三毛庵的には長方形でしかも湾曲しているこういうの、見た記憶がないんだなー。
昭和ごろのプレスだとしても、この形はちょっと珍しく、まして古い時代の切子などは・・。
やきものや漆器の菓子皿などにはありそうな素直な形であるので
何気に通り過ぎてしまいそうだけど、硝子でこんなお菓子向けの素敵なものがあるなんて♪
きれいなものって、珍しかろうがありふれていようがきれいなことに変わりはないんだけど、
こっそりすごいものを見つけた時って、宝探しでお宝を発見したような気分になれる。

IMG_5989.jpg

ほら、気持ちの良いカットで、しっかりRがあって、、(と、しつこくアピール。)
これまた絵を見に行った時、時間までうろうろしているときに見つけたもの。
昔仕入れたものを出した、とのことで、小さな当たりがちょこっとあるからか
今出来でもこんなお値段で買えないのに・・・って思うよなゴキゲン価格。
これは江戸硝子だと思う、とこれが何かを知っての販売だった。
確かに、僅かに鉛が入っているように思うし、こういう洗練されているものは
時代が上がるもので、三毛庵も明治の半ば以前じゃないかなーと思うのである。
(江戸硝子といった場合、明治半ばぐらいまでの鉛硝子を指しているかと思うので、
お店の人の意見に賛同する。)

IMG_5987.jpg

ほら、こうやって撮ってみると、冷たく澄んだ湧き水のような透明感、、今の硝子では得られない質感。
ということで、ほかの人がなんと言おうとも、ゴキゲンなお皿なのである。

IMG_6009.jpg

三毛庵酸味のある果物が好きなので、生の柿ってあんまり食べないのだけど、
干柿って、ちょこっとつまむと滋養があって、よいものだなー。
お菓子みたいに甘すぎなくて、疲れが取れる感じがする。

IMG_6006.jpg

庭仕事はできないけれど、パトロールに行ってきて、實葛(美男葛)の実がなっているのに気づく。
春先に処分品を買ったもので、夏場に花が付いたのは知っていたけれど
辺りが茫々になって、毛虫もいたので放ったらかしにしていた。
實葛は雌雄異株もしくは同株、というややこしい植物らしいのだが、
実がなったということはウチのは雌雄同株なのかな?
処分品に実がなるなんて、なんかトクした気がするなー(笑)。
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2019/12/10.Tue

干柿の収穫 (瀬戸飴釉鯉形皿)

IMG_5995.jpg

干し柿ができた♪
実家に送った残りかすでつくったけれど、そんなに悪くないゾ。

IMG_5996.jpg

お菓子と一緒に、3時のお茶うけにひとつだけスライスしていただく。
渋柿がこんなにおいしくなるってすごいなー(しかも何の丹精もしていない柿。)
は読谷村?、古物というより中古品?でも、佳いお

IMG_5993.jpg

柿のお瀬戸の飴釉の鯉ちゃん♪
三毛庵初見であるが、でっかくて堂々としてキュートだわー。
実は縁があちこち共直しの満身創痍であるが、ごっつくてええ感じ。
きっとみんな傷でも勿体ないって可愛がってきたのだと思う。

IMG_5992.jpg

もうちょっとアップ。
(載せているのはシュトーレン。去年は絵瀬戸の角皿に乗せた@けど、瀬戸とは相性良しだね。)

IMG_5991.jpg

尾っぽもぷりっとして佳いね~。
今どきは、なんといいますか写真に写る通りの形を写したりしているものが多いけど、
こういう鯉を見た人の主観?のままに作られたもののほうが、何か真実がある気がする。
(土をこねて作られる安定した形なだけかもしれんけど。)
まぁ、でも古来よりKAWAIIは日本の専売特許だな~。

IMG_6003.jpg

清澄野紺菊はまだ細々と咲いていて、寂しい初冬の庭に似合う。

IMG_6004.jpg

今頃ようやっと紅葉を始めた楓と合わせた。
もうちょっと厳しく枝を整理して、ミニマムな花にできないものかとも思うけど、
そのような厳しさがどうも得意ではなく、咲いている花は極力残してしまうのね。。
花に正解もないだろうけど、個人的な花をいいことに、野放しのお花です。。
それでも名残の乱れた庭を思い出して、眺めてちょびっと和んだりする。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |