FC2ブログ
2020/02/29.Sat

早咲の椿 (古道具の踏み台と北窯の抱瓶)

今年の椿は、早咲きは遅く、遅咲きは早い印象。
近年の桜の開花が大阪より東京のほうが早いのと同じ理屈で、
寒さに当たる期間が一定以上ないと開花しにくい、ということだろうか。

IMG_6217.jpg

いつもは2月に入ると咲き始め、ゆっくり咲いてゆく『月光(がっこう)』がようやく咲く。
読谷山の北窯、松田米司窯の抱瓶に入れる。
(北窯は4人の親方の窯からなる共同窯だ。)
花台は古道具の踏み台だが、ぼろっちさが却って花を引き立てる。

IMG_6219.jpg

この抱瓶をみたとき、あー赤い椿入れたいな、って思った。
この抱瓶に入る泡盛を飲み切る自信はないのであるが、椿をいれてみたかったのん。
でもきっと、夏場にねこじゃらしなど道端の草を入れても合う気がする。

IMG_6216.jpg

先日の徳利@の松田共司さんと松田米司さんは双子のご兄弟で、
それぞれ作風に個性があり、米司さんはこのような穏やかなものが多いように思う。
(共司さんのダイナミックな絵付けの抱瓶にも花を入れてみたい。。)
こうしてみると、器だけでも素晴らしく絵になるのであるが、
ちゃんと花を入れる余地があるところが心憎いところだ。
こういうことって単純にはできないし、狙ってもできることじゃないよなぁ。。

IMG_6220.jpg

それにしても『月光(卜伴ともいう)』は、慎ましいのに華もあり、古花というのはそれだけの理由があるものだ。

去年地植えにしたのであまり蕾が付かなかった、『月照』もようやく咲く。
花も葉っぱも端整な品種なので、やはり古典的な花入に合う気がする。

IMG_6231.jpg

花入っていうのは素晴らしい発明だなー、千利休って本当に凄い人だ。
400年、皆竹に花を入れている。

IMG_6232.jpg

『月照』の花は完全なる引き算の美であるので、却ってほころんだぐらいがちょうどよいのかもしれぬ。
開ききったら美し過ぎてシンパイであるが、でも開いてゆくのが楽しみである。
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/02/26.Wed

オカイドク万歳! (古伊万里染付松文猪口)

切った有楽は、咲いてもう暫く経っていたせいか、翌朝には花が落ちていた。
落ちたところに水のようなものが溜まっていたので舐めてみる!と甘い蜜。
切ったとき、ちょっと匂ってみたら蜜の香り、してたからね。
椿には香りがないというけれど、少なくとも有楽は蜜の香りがするし、
去年は小鳥(メジロかな?)にぼろぼろに突かれていた花もあった。
そういえば昨日はメジロのつがいが庭に来ていたけれど、椿が咲くと知っているのかな。

IMG_6187.jpg

近所のホームセンターで、値引きになっていた、シクラメン『天使のはね』。
ホームセンターなのでもともとそれほどお高くはないのだけれど、
満開に近いせいなのか、もう2月も終わるからか、2/3のお値段。
実は去年も買ったのだけど、花も葉っぱも特異な姿で小ぶりなのは原種交配によるものらしい。
シクラメンってうっすら香る個体と香らないのがあるけれど、これはほのかに香りもある。

実をいうと去年のも夏越しに成功したので、これから咲く、立派なやつがあるんだなー(笑)。
安いから買う、っていうのん、無駄遣いの典型っぽいけど、気に入ったので今年も夏越しにチャレンジしたい♪
(去年の大株こそもう一年越す自信ないし。)

無駄遣いと言えば、猪口はたまには買うかな、ぐらいの三毛庵、
少し前に買いましたよー、お値段に誘われて!(笑)。

IMG_6180.jpg

あーこれ、佳い絵だなーって手に取って、おそるそるお値段を聞いてひっくり返りそうに。。
一瞬、今は料治熊太以前?かと思うよな、オカイドクヒン♪
簡略化され、リズミカルに弧を描いた松の染付と古伊万里らしい美しい磁胎、
いいなーって思っても、平素はなかなか踏み切れなかったりするのにね。

IMG_6192.jpg

横にあったこちらも同じお値段!ということでゴキゲンでお買い上げ~。

IMG_6193.jpg

二つ目のも松なのだけど、枝ぶりの上半分が裏面に掛かれていて面白い。
一つ目のほうは松竹梅。
これ2つで値引きのシクラメン、『天使のはね』と同じぐらいのお値段だったのん♪
(『天使のはね』も人気の品種なので普通は安くはないけど、結構お安かった。
なので、じゃあいったい、猪口はいくらなんだー、って感じ(笑))
こういうラッキーは自分に訪れたら喜べばよし、人に訪れたら羨んではいけません。
だって、ラッキーは、その人がそれまで勉強した分のご褒美だと思うもの。

IMG_6194.jpg

という訳で、たまには猪口もよし、な三毛庵である。
(料治熊太氏のこの本は、少し前に○○○オフの均一コーナーでみつけた。
ちなみにお値段は、猪口と同じだったという。。)

IMG_6204.jpg

一年でキャベツ大に成長した天使のはね、植え付けた今年の分との差が激しい!
葉っぱの下には蕾がぎっしりでゴキゲン♪

植物ネタがオタク過ぎるので、こっち@に書いてみているのだが、
FC2のほうがざっくり書きやすかったりして、悩ましいところ。。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/02/22.Sat

雨水過ぎて (油彩 木下克巳『田舎の春』)

IMG_6178.jpg

雨がポツリポツリ降り出したので、庭に出て咲いていた有楽を切る。
この冬はなかなか寒くならなかったせいか、いつもは早い椿が遅かったり、
春咲きと思う椿に早く色が出たりしている。
有楽と月光はいつもよりも遅い気がする。
花入にしている徳利は読谷山焼、北窯の松田共司窯のもの。
北窯は広々として沖縄らしい赤い瓦の建物や登り窯の風景が気持ちよく、
向こうに行くとつい立ち寄ってしまう場所だ。
おおらかでいて慎ましやかな姿に、侘助椿を入れたいなと思った。
マイブームが花入なのか、近ごろは花が似合いそうなものについ目が行くのであるが、
北窯にはいかにも椿が合いそうなものがあって、ついつい目移りしたものだ。
(花と器が親密な関係を築いてくれる、そういう器は案外ないのだ。)
このようなものに彼の地で花を入れるならば、何をいれるのであろうか。

IMG_6179.jpg

古い油絵には「田舎の春/木下克巳」とあった。
調べると和歌山画壇の重鎮であられたようだ。(詳しくなくて申し訳ない。)
おそらく戦前頃のものとおもうが、早春の澄んだ空気が鼻をくすぐるような
眺めて心地よいものである。
眺めて満たされた気持ちになるのは、
そういうものがじんわり滲み出ているからのように思う。
ちょっとした拾いもの気分も味わって愉しい記憶。

IMG_6174.jpg
庭は早春、銀葉椿の残りの蕾が開花。
葉っぱが小さいので、特別大きくもない花だけど、頭でっかちに見えてそれもキュート♪

IMG_6153.jpg
大株で毎年お世話もなく咲く、ヘレボルス・エリックスミシー。

IMG_6152.jpg
こちらは去年買ったピンク・フロスト。ニゲルとステルニーの交配だっけな。

IMG_6155.jpg
ミヨシのメリクロン苗、ニゲル・ダブルファンタジー。初年度から開花してくれる。

IMG_6156.jpg
去年、花咲き進みの処分品で買った、ダブル・ゴールド。
今年は補植していないので、枯れ色な庭だが、燦然と光り輝く開花で華やぎが。
去年の今頃庭を眺めていて、庭植にはオーレアである、ゴールドがいいかなと思った。
ゴールド株ってもしゃもしゃして大振りなので、鉢植えだと持て余す気がしていたけれど、
庭には野菜のようなもしゃもしゃ感が似合うと思う。

IMG_6170.jpg
完全に開花すると、ふわっとゆったりしたダブルで、蕊も立派、ますます庭向き。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
2020/02/11.Tue

ばらと戦い店と戦う (伝・芹沢銈介の版画)

今日はようやく時間もあり、元気もある休日だった。
なのでせっせとつるばらの剪定をする。
ばらの剪定ってきっと植物に関心のない人には大変な作業に思えるだろうなー。
いや、実際途方に暮れるほど巨大化してトゲトゲのやつは大変なんだけど、
でも楽しいんだなーこれが。(まぁ体調さえよければ、なのだが。)
もうちょっと時間があれば、もっとセンス良く誘引するのに!とか思いつつ、
トゲトゲと終日戦ったのである。

IMG_6123.jpg

小さな版画、芹沢銈介なのだという。
特に異論はなかったし、書見台というデザインがよかったのでいただくことにした。
(ついていた資料らしきコピーには『書物』とあった。)

せっかくなので額装することにし、近所の額縁屋さんに行く。
値段が安く、あんがい種類も多いので、けっこう気に入っているお店なのだが、
問題は、その日額縁とマットの合わせ方、というか、、話の分かる店員さんがいるかなのである。

IMG_6121.jpg

この日は、これは何の図柄かと聞かれ、乱雑な扱いに冷や冷やし、
某大御所の若書きの色紙を手書きですか?と言われ・・・と、
まぁ散々な目には遭ったのであるが、幸いにして納得できるマットは出してくれた。
日ごろ骨董市でものを買っていると、売り手もプロフェッショナルだし、
こちらもいくらなら買うか算段するので、売り買いは真剣勝負である。
だからたまに普通のお店でこんな目に遭うと、きぃーっとなったりする三毛庵である。
関西では、服装などには惑わされず、しっかり相手を見て商売している人が多く、
そんなに理不尽な目に遭うことはないんだけどなー。
まぁとにかく、話の通じないお店が嫌いな三毛庵なのであった。。

版画が朱色の和紙に貼ってあったので、金色の額縁にして、
文明開化っぽくしてみたけどどうかなー。
三毛庵に小金があったら、軸装にもチャレンジしてみたいぐらいだ。
なかなかむつかしそうだし、これまた真にプロフェッショナルな職人さんって少なそうだけどね。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/02/09.Sun

ごはん最強! (伊万里染付線描茶碗)

IMG_6118.jpg

このところ、この冬一番というかやっと冬!的な寒さで縮こまっている。
余り凝ったことをする元気のない三毛庵にいまいち食欲のないのんちゃん、
そうだ!こんなときはドンブリに限る!それも目に美味しそうなやつ、、
ということで三色丼♪
緑色はフツー実えんどうではない気もするけど、ありものでつくったらこうなったのねー。
いやー三色丼、最強!美味しく作って美味しくいただいた。

IMG_6119.jpg

お茶碗は幕末ごろの線描きの伊万里、すこし大振り(12cm強)で、小どんぶりにちょうどよいのん。
こういうものは使うとやみつきになるんだなー。
今どきのものよりずっと丈夫で、手取りも抜群、そして何より、いつものご飯がご馳走になる。
まじまじ見つめて食べるわけじゃないけれど、不思議とじわっと美味しく思えるよ。

IMG_6120.jpg

この大雑把な絵付けも美味しそうなのよ。
あまり思うことができずなんだかなーな一日でも、おいしくご飯をいただけたら、
ありがたやーって思えるものね。

余談であるが、三毛庵先月、高級なるおひつを手に入れた。
去年から鍋で手早く美味しくご飯を炊く方法を実践して、ご飯は飯切に布巾で
冷ましていたけれど、そろそろおひつが欲しいなーと思い。。
高級なる箒を手に入れた時もまあまあ周囲にウケてしまったが三毛庵は真剣で、
自分のニーズを考えると掃除機よりも箒に投資をするのが合理的だったのだ。
この度も飯の旨さにおいて、高級炊飯器よりおひつが合理的だったのである。
といって、「丁寧な暮らし」ができるほどこころに余裕はないので、
たぶんこれが一番メンテ不要?、と思った曲げわっぱで内側に角のないタイプのにした。
このへんは人それぞれ、暮らし方に合うタイプがあると思うので、どれが最強ということはないけれど。
という訳で、しっかりもとをとれるぐらい使えるといいなー。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/02/08.Sat

陰影礼賛 (昭和のテーブルランプ)

そういえば、ちょっとのことでバッテリー切れを起こすのは子供のころからで、
病弱というほどの大病などしてはいないが、寝込むことはよくあったのだ。
熱が下がって意欲は湧いても体力が足らず、仕方なしにベッドでできることをする。
あぁ、三つ子の魂だなぁ、今もそのまんまだ。
目を悪くすると怒られつつ、デスクライトをつけて本を読む。
ふと見まわすと、ライトの明かりを中心に部屋のいろいろの陰影が私を取り囲んでいる。
あのとき世界と私は調和した。
ただ、そのことをしんから思い出すことは、今はほとんど不可能だ。
時折僅かにその入り口の気配がするけれども。

IMG_6107.jpg

そんなわけで、このようなものを市で見つけて浮かれる三毛庵。
あぁ、あのころよりずっと昔の陰影。
このような陰影をぼんやり眺めて彷徨う時間、私を作った遠い時間。

IMG_6109.jpg

ライトグリーンの布のシェードにダークグリーンの轆轤引きの木の台座。
緑とは魔法の色。

IMG_6111.jpg

真っ暗な部屋で子球だけつけても、それはそれは魅入られるのだ。

あのころの魔法を何かに役立てることもできないまま時が過ぎて、
願わくば、ほんの僅か、その入り口の香りに誘われる大人でありたいと思うけれど。


IMG_6110.jpg

おまけ、早春の苺を味わう贅沢。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/02/04.Tue

立春大吉 (瀬戸吹墨型紙橘文行灯皿)

IMG_6104.jpg

節分の昨日は、お惣菜コーナーで巻寿司を買って帰る。
(よれっとしているのはお店のせいぢゃなく端っこだからです♪)
本当は日曜日に自分で作りたいなー、などと野望を抱いたのであるが、
近所の集まりやらで疲れてしまい、シチューにしたかったお肉でカレーを作ったというナゾ。

小綺麗な行灯がお買い得であったので、つい連れ帰り、行灯皿が二枚@になった。
なのでのんちゃんの分とそれぞれに盛る。
行灯に食べ物を盛るのは異論があるやもしれぬが、
どちらもきれいなので三毛庵的にはセーフなのである。

IMG_6106.jpg

型紙に吹き墨をしたこのタイプにはいろいろの型があり、さほど珍しくはないと思うが、
ふっくらした橘の文が綺麗に出ていて、地味可愛いと思ふ。
ワイン飲む人ならワインのあてなど載せたら嬉しくなりそうだけどなー。
三毛庵は雛祭りに桜餅など載せて、左近の桜、右近の橘を洒落ようと目論んでいる♪

IMG_6105.jpg

あーやっぱり連れ帰ってみると、こざっぱりして佳い姿だなぁ。
すんなりお部屋に馴染んで、心地よさげに見えるよ。
今度はクルミパンなぞ載せてあげようか、などとお世話を焼きたくなるお様である。

>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/02/02.Sun

過ごしかたについて (古伊万里色絵瓢箪文豆皿)

自分のブログを読み返すと、だいたい調子が悪いとか書いてあって、
格好悪いブログだなー、と苦笑するのだけど、ま、日記なんだからこんなものかとも思う。
だいたい私、絶好調なら庭なりなんなりやっていて、
余力はないけど何かしたい!っていうときにブログ書いているからなー。
つまり今は、そう、余力はないのだ。。

IMG_6103.jpg

知り合いのお店にこれがあって、小さいのに細やかに描かれていることに
感心してじっとみていた。
たぶん気分はこんな感じで寄ってみていた、と思ふ。

IMG_6102.jpg

二つずつ成ってるのは瓢箪かな?私ちょっとへちまとの識別できないや、
などと思っていたら、実はいただいてしまったの。
ほいほいもらっちゃいけないけれど、でもありがたくいただくことも大事なときもある。
ものじゃなく、気持ちをくださったのだと分かっているときなど。

今日のような日は、手許で眺めて、そんなことを思い出したりする。

IMG_6088.jpg

庭には仕事が満載なのに、今日できたのは水仙を切ったこと(笑)。
今年は切るほどには咲いてくれなかったけど、球根が太りますようにと切った。
次にできそうなこととして、掛け軸を変えようと思いつく。
立春間近というのにやっと冬景色の図。
でも、切ってきた水仙の清新な香気とよく調和する。

するべきことってきっといっぱいあるだろうけど、私いろんなことを一度にできないので、
その時々の体力と優先度でひとつづつ出来れば満足することにしている。
優先度などもたぶん世間様とはズレてるんだろうけど、
そんなこと思っても不幸なだけですからね。

IMG_6101.jpg

去年処分品から可愛いのを選び、大きめの鉢に植えたプリムラが咲いた。
上手く夏越しして株がもこもこに育って、株分けすればよかったかもしれないけれど、
でも夏を越した株はひときわ可愛い!

(庭の記録↓)
>>続きを読む
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/02/01.Sat

ワールドくまちゃん2 (昭和の立ち熊ぬいぐるみ)

1月はちょっと無理をしたこともあり、すっかり余力をなくしている。
先週庭を見ていると、ヒヨドリがつがいでやってきて、あぁ小鳥の春になったのだと思う。
小鳥の邪魔をしないうちに庭仕事を済ませたいのであるが、どうにも動けない。
といって意欲だけはあるので、少し剪定をしたり、部屋の絵をかけ替えたり、
これぐらいはできるかな、ということを探してはごそごそする。

昔鬱だったころに意欲も希望も楽しみも感じられないということを
生きていないも同然だと思って以来、したいことはできるときにするのであるが、
意欲が戻った分、体力がついてこないというのはまぁ世の中そう都合よくはゆかないのであろう。
だけど、それでもいいけどね、希望はあるんだから。

私、ちょこっと目を傷めてしまいまして、、幸い当面は大きな支障はなさそうと分かったものの、
一日は、この先を思ってどうしたものやらとさすがに思い悩んだ。
けれど先のことを考える想像力には限界があるのか、次の日には今のうちに何をしようか、
そればっかり考えていたという(笑)。
悪いことは起こったら考えればいいや、それよか今のうちにあれを見ておきたいなー、、
とかほんまにあほやな。そんなんだから余力も使い果たすのだと言われたけれど。
(生きているうちにフェルメールを全部見る、みたいな大それたことぢゃないですよ、私の望みは。)
まぁでも自分の体も自然からの預かりもの、大事に使えということなのだろう。

IMG_6084.jpg

去年、アンティークフェアでのんちゃんが見つけたくまちゃん。

IMG_6085.jpg

左のワールドくまちゃん@のお友達だったので欲しかったけど、
目のあるものが滅びてゆくのはちょっと切なくていつも躊躇うのだ。
でも、帰りしなにもいちど見ると誰にも連れ帰ってもらえずにいて、
それならうちで、と結局連れ帰った。
くまちゃん2はすこしどすっとしているね。

IMG_6083.jpg

ものたちはいつかは滅びてしまうけれど、かつてこれを作った人、
これを大切にいとおしんだ人たちの記憶を留めて今も生きている。
私はいつか誰からも忘れ去られるであろうひとり故、そのことを忘れずにいたいから。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
 | HOME |