FC2ブログ
2020/02/29.Sat

早咲の椿 (古道具の踏み台と北窯の抱瓶)

今年の椿は、早咲きは遅く、遅咲きは早い印象。
近年の桜の開花が大阪より東京のほうが早いのと同じ理屈で、
寒さに当たる期間が一定以上ないと開花しにくい、ということだろうか。

IMG_6217.jpg

いつもは2月に入ると咲き始め、ゆっくり咲いてゆく『月光(がっこう)』がようやく咲く。
読谷山の北窯、松田米司窯の抱瓶に入れる。
(北窯は4人の親方の窯からなる共同窯だ。)
花台は古道具の踏み台だが、ぼろっちさが却って花を引き立てる。

IMG_6219.jpg

この抱瓶をみたとき、あー赤い椿入れたいな、って思った。
この抱瓶に入る泡盛を飲み切る自信はないのであるが、椿をいれてみたかったのん。
でもきっと、夏場にねこじゃらしなど道端の草を入れても合う気がする。

IMG_6216.jpg

先日の徳利@の松田共司さんと松田米司さんは双子のご兄弟で、
それぞれ作風に個性があり、米司さんはこのような穏やかなものが多いように思う。
(共司さんのダイナミックな絵付けの抱瓶にも花を入れてみたい。。)
こうしてみると、器だけでも素晴らしく絵になるのであるが、
ちゃんと花を入れる余地があるところが心憎いところだ。
こういうことって単純にはできないし、狙ってもできることじゃないよなぁ。。

IMG_6220.jpg

それにしても『月光(卜伴ともいう)』は、慎ましいのに華もあり、古花というのはそれだけの理由があるものだ。

去年地植えにしたのであまり蕾が付かなかった、『月照』もようやく咲く。
花も葉っぱも端整な品種なので、やはり古典的な花入に合う気がする。

IMG_6231.jpg

花入っていうのは素晴らしい発明だなー、千利休って本当に凄い人だ。
400年、皆竹に花を入れている。

IMG_6232.jpg

『月照』の花は完全なる引き算の美であるので、却ってほころんだぐらいがちょうどよいのかもしれぬ。
開ききったら美し過ぎてシンパイであるが、でも開いてゆくのが楽しみである。
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |