FC2ブログ
2020/03/31.Tue

白バラと憧れ (プレスガラスレース皿)

IMG_6321.jpg

白バラの牛乳シュークリームを近くのスーパーで発見!!
白バラは大山乳業農業協同組合のブランドで、
三毛庵は関西で・・・というか、のんちゃんの家で初めて知った。
のんちゃんの父上が愛飲していたのだが、
今の二人暮らしでは宅配するほどには飲まないので買ってはいない。
大山乳業農業協同組合のサイトを見てみると、設立は昭和21年7月21日とある。
終戦後、一年と経たないうちに設立されたようである。
その頃の白バラってどの品種をイメージしたのかな?
私はハイブリッド・パペーチュアルのフラウ・カール・ドルシュキかな?とか勝手に思っている。
日本では『不二』として戦前から親しまれた純白の薔薇で、
白バラのロゴのように大きく丸くふわっと咲くのである。こちら→

IMG_6322.jpg

↑のんちゃんが発見!「不用意にかぶりついて」はいけないのである!!
さてさて、見事な白バラシューにすっかり隠れてしまったのであるが、、

IMG_6326.jpg

レース編みのような、もしくは上等な飴細工みたいな、華奢なプレス、、
ちょっとプレスのイメージを覆すなぁ。

IMG_6323.jpg

こんな型だってできるんだゾ!っていうちょっとした腕自慢、最新鋭だったのかな?
だけどやっぱり日本のプレスらしく何処か楚々として、拙そうにみえるけれど、
でもこの頃は当時の人たちはそういう姿を好んだのかな、とも思う。

IMG_6334.jpg

夕方、アスパラを茹でていて、鮮やかなグリーンを思わず載せたくなった。
今ごろは九州あたりのアスパラが届くようになって、いよいよ春も本番である。

(備忘録)
1年ほど前、奈良県立美術館で肉筆浮世絵展を見た。
寛文美人図のような江戸初期の風俗画など、軸装も素晴らしく凝っていて
大変に楽しく眺めた。
美人画としてはやはり時代が上がるほどに魅力があって、
どれかもらえるなら、やっぱり江戸初期から中期までがいいなぁ♪などと妄想した。
そのような凄いものを掛けられるような家ではないので、寛文美人を欲しいなどとは思わなかったけれど、
そういう時代の空気への憧れのこころは少しだけ飛ばせたのやもしれぬ。
この度、知り合いの骨董屋さんからちっちゃな風俗画、肉筆浮世絵と思しきものを授かったのである。
絵が好きなのはバレていたかもしれないが、もちろん風俗画の話などしておらぬ。
中期はあろう、元禄とまで言わないが、とのことである。
やっぱり不思議だな、すなおに少し憧れて、追ってもいないときにはひょんとやってくる。
ちっちゃくていかした軸がやってきたのだ。

↓庭を少し
>>続きを読む
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/03/19.Thu

春分を前に (北窯 宮城工房掛花入)

IMG_6269.jpg

明日は春分、世の中色々とあれど、春分なのである。
きっと明日が明るい一日でありますように。

先の日曜、ふと見ると加茂本阿弥がほころんでいた。
このふっくらとほころぶ姿が見たくて、探して植えた加茂本阿弥。
(このように探している年にはなかなか無いというのに、翌シーズンには
たっぷり出回っていたりするフシギ(笑))

IMG_6270.jpg

北窯で花入ばかり買ってみたうちのひとつ、宮城工房のこれは、
見たときにあー加茂本阿弥だ!って思ったのだ。

IMG_6268.jpg

それってやっぱり贅沢だよな、って思う、、うん、贅沢だ。
でも、北窯のことを思い出したり、加茂本阿弥が昔からずっと愛されてきたことを思ったり、
贅沢をしたとは思うけれど、そういう時間を持てたことに素直に感謝するのである。

ここひと月ほど、失敗を恐れずに決断する人がいる一方で、
自分ではできないであろうことをただ批判するだけの人もいて、少々哀しい思いだった。
自分も気を付けないと、できることを淡々としなくっちゃ。。

個人的にも少しこころに引っかかることがあったのだけれど、春分を前に吹っ切れた、、
いや、そうすることにした。
悩むことで何かが改善するのならそうするけれど、たいていそういうことには結論などないのだ。
悩む時間があったら飯を作ろう!そのほうが少なくとも一歩前に進んでいる。
人生の限られた時間を悩むことに費やすのは一日もあればじゅうぶんだ。
あとはもう、飯を作って食べて仕事して、お休みには庭仕事もして、お風呂入って寝るのだ。
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |