FC2ブログ
2020/05/16.Sat

初花と初物 (ウィスキーの空き瓶やら)

結構真面目に自粛しているというか、まぁお庭もトップシーズンであるので
家でよろしくやっているのであるが、気晴らし程度にホームセンターへは行ったりする。
お庭のほうも、もう補植程度しか植えるものもないのであるが、
それでもしっかりしたよい苗が、お手頃で売られていたりするのを見ると浮かれてしまう。
薔薇はそれなりに育つので、できるだけ厳選して買うよう心がけるのだが、
新苗など、育てたくなってしまうのだなー。
それほど目新しくはない苗の中に、イブ・ピアジェがあったのでついつい。。
香りもよく、芍薬咲きの日持ちの良いバラなので、切り花でも人気があったように思う。

IMG_6648.jpg

新苗は本当は摘蕾しながら育てるのが後々の成長によいのだけれど、
買ったときにもう大きくなったつぼみが二つあったので、咲かせてすぐに切ることにした。
花瓶にしているのはおそらくウィスキーか何かの瓶だけれど、角張ってプレス文様もいいので、
ちょっと花を挿すのにいい感じ。

IMG_6646.jpg

切る前、、まだ小さい樹に大きな花が、、。次の芽の位置を見定めて短めにカット。

IMG_6649.jpg

順に咲いたので、先に咲いたほうの花はグレイッシュに退色してそれもまたよし。
うちの薔薇ははらはら散るものが多いので、たまにこういう花もちの良いのも悪くない。
花もちがいいとか悪いとか、どちらが長所とは言い難いもので、
品種の用途や風情によっては潔く散ってゆくのがありがたいこともあり、
要するに、いかに見た目や個性、用途などがトータルで見てよい組み合わせになっているのが
よい品種といえるように思われる。
歴史のある品種は、やはりそういうところがこなれているものが多い。
とはいえ、どこに美点を感じるか、というのは個人的な感性の問題であるけれど。

さて、連休含め、ことしは気温が穏やかで薔薇は結構きれいに咲いている。
写真はいっぱい撮ったけれど、ずっとこころから余力がなくあっという間に二週間。。
うちの薔薇的にはそろそろ後半戦の薔薇が咲き始めた。

IMG_6671.jpg

一番最後にピークを迎えるファイルヘンブラウ(ブルーランブラー)が咲き始める。
とにかく咲いてからのスミレ色への退色とライトグリーンの柔らかそうな葉っぱが似合う。
冬には意外と赤い実も楽しめるしね。
まだ十分には育っていない、オーガストルッセルが所々に反八重の花を覗かせているのにどきんとする。
オーガストルッセルはダイナミックに咲くわけではないけれど、地味ながらに印象的な風景にしてくれる。
柔らかい葉っぱがよくハキリバチに丸く切り取られたりするのもご愛敬。

IMG_6666.jpg

春に実家に筍を送ると、今頃の季節に脂ののった時鮭が届く。
(昆布森漁港の定置網、まちがいなしのやつ)
ここの魚屋さんは冷凍せず上手にチルドで送ってくれるので、
着いてすぐの鮭は脂がのってジューシーでほろほろ崩れそうに美味しい。
すじこもちょこっと入っていたので、アテ風に供する。
まぁ、そとで食べる御馳走はいいに決まっているのであるが、
このただ焼いただけの鮭の激うまぶり、これが真の贅沢というものだ。
御馳走様でした♪
スポンサーサイト



 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
2020/05/02.Sat

令和二年皐月 (トルコ?の古いタイル)

IMG_6501.jpg

令和の時代も早1年が廻った。
今になって思えば、よくぞあのタイミングでの譲位であったものである。

ハイブリッド・ルゴサの『ローテス・フェノメン』が咲いた。
去年新苗を手に入れて、1年育てた。
ハイブリッド・ルゴサはハマナスの園芸種で、ハマナスは皇后様の御印である。
バラの原種の一つで、北海道では恐ろしく立派に育つ。
確か南限は鳥取の白兎海岸ではなかったろうか。
つまりはあまり耐暑性はないのであるが、
耐暑性や返り咲き性に優れ、それからなんとか家庭でも育てられるほど
コンパクトな園芸種が作られているのがうれしい。
『ローテス・フェノメン』は『ベイシーズ・パープル・ローズ』という、
これまたお好みなルゴサの交配と知り、なるほどなぁ、と納得する。
ルゴサ交配はふっくらとして青々とした葉っぱが美しく、
花の咲き方も情緒があって、庭の風景によく溶け込む感じ。

外交官時代のすぐ後の雅子様とハマナスの野趣というのは実はそれほど
ピンとくる印象ではなかったように思い出すのであるが、
いろいろなご苦労(というのは失礼に当たるかもしれないが)を背負われた後の、
今の皇后様はお若い時よりいっそうお美しく、
ほんとうに辺りにハマナスが花開いていそうである。
令和二年皐月の頃。

今日は思い立って、庭でパソコンを開いている。
今年は、ずっと、風が強いように思う。
ここ数日は気温が上がったけれど、それまでは風が強いので寒く感じられたほどだ。
このような春はしばらくはなかったように思うのは私だけなのかな?

IMG_6447.jpg

このような日々であるので、目新しいものもないのであるが、
タイル(レンガ?)のお花。連れ帰って以来、ちょこっと玄関に飾っている。

IMG_6446.jpg

一片を額装にしていて、その額も古びている。
トルコのタイル、とのことであったが、真偽は不明。
結構な時代感はあり、あんがい昔に持ち込まれたものかもしれぬ。
異国のものの中では素朴で優しい文様であるように思う。
(異国というのがまた遠い時代に入りつつある。)

雑多なものの混じる箱の中からいただいてきたのであるが、
ちょこちょこと半端なりに面白いものがあり、
あれやこれやと話をした後、いくつかのものを頂戴して別れた。
そのときに、思いがけず豆皿を一つ、追いかけてきて手渡してくれた。

また会えるかどうかも分からない、そのような日々であるというのが真実だから、
あのご主人のように、その日その時に出会いを喜び合う、そういうことが大切なのだと思う。

庭の緑を少し。
球根草の春が過ぎ、薔薇がピークを迎える前のひととき、
緑萌え出ずる庭。

IMG_6439.jpg

IMG_6440.jpg

IMG_6443.jpg
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
 | HOME |