2014/05/19.Mon

ビミョーに使える (雛道具色絵豆皿 & 伊万里子供茶碗)

日曜日、BSプレミアムの「バルテュスと彼女たちの関係」を見る。
自分が美しいと思うものを追い続け、生み出す人生、、そういう人生もあるんだ。
そんな生き方からはほど遠い私は、彼が遺したものを見つめるのみである。
バルテュス、早くみたいな♪7月からの京都展が楽しみである。

お出掛け日和の日曜日、いつものようにふらっとドライブ。
いつものように、旅先の骨董市や骨董屋さんの隅っこを突っついて遊ぶ。

20140518 002
(7.4cm)

瀬戸辺りの白磁にちょこまか色絵を付けたお皿は時々見かけるものだけど、
豆皿サイズにお花(ここでは桃?)とお道具が描かれていて、
これって雛道具?と、手に取った。

20140518 003

「ちっちゃいけれど、ビミョーに使えそうな大きさ」が近ごろツボ!?

同じお店で少し計り店晒しなお茶碗を発見!!

20140518 005

ユルめの丸文でちょいカワなのであるが、店晒しというのは・・・

20140518 006
(直径8.7cm)

これもチビっこだから♪
お食い初めのお茶碗かな?
豆皿もお茶碗も、幸せな子供がいたものである。

ビミョーに使えそう・・・ってだからどうなん??と我ながら思うのだが、
無理やりお茶を飲んだらどうかな、とか、おつまみを入れて
お酒の友にどうかな、とか・・・涙ぐましく理由を探しているのであった。

ま、結局のところ、お出掛け先での隅っこ漁りが楽しいのだよね^^
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示