2014/05/31.Sat

白昼見る夢 (型吹和硝子リキュール杯)

朝から洗濯に布団干しにと忙しい好天。
気温もぐんぐん上がって、アイス珈琲だ炭酸水だと合間に水分補給も忙しい。
近所の美味しい珈琲屋さんに日傘片手に豆を買いに。
子供が網を持って蝶々を追っていた。
いつの間にか春って過ぎている。明日はもう6月だものね。

昨日なんとプチプチに包まれたお土産を賜った!!
もうそれだけで興奮の三毛庵である。

20140531 001
(7.5cm)

この図何処かでご覧になっている方いらっしゃいますよね~^^
うふふ、空を飛んで我が家に参上!!
うれしくって載せてしまうのである。
だってね、実物はさらに佳いのだもの。在るだけで佳い♪
なんだか、時間が忘れた記憶の断片を取り戻したかのような、
白昼に夢を見たような、そんな姿をしている。
これで飲んだら不思議の国へゆけそうだな、などと思いつつ
お酒をちびちび飲んでみたら、夢の国へはゆけたけれどね。
古い硝子のこんなほつれは多少ざらつく程度なので、
結構勝手は悪くない、というか・・・
まるで風化してゆく過程を見ているようで、最早この杯が
完品だったころに想像が及ばない三毛庵である。

20140531 005

ところでこの杯、持ち重りがして、チンといい音がする。
鉛が入った江戸硝子のお仲間なんだ♪
(きっと明治も早い頃までのものだと思ふ。)

思い出して、秘蔵の江戸の型吹硝子の小皿@を取り出した。

20140531 003

手にする重みもよく似た感じだけれど、
ちいさくてひっそりしていて、並べるととても調和するのであった。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示