2014/08/27.Wed

夏の終わりのひとり飯 (色絵くらわんか蜻蛉文?小皿)

すこし佳い風が吹くようになったので、窓を開けている。
夏はまた巡り来るようだけれど、2014年の夏はもう来ない。
なのでしたいことはしよう。もちろんすべきこともね。
それでも何かやり残したり、悔いたりするときのために、
世界は輪廻しているのだと思うことにする。
(まぁ、輪廻とは解脱できない者たちの世界ではあるけれども。。)

さて、今宵はひとり飯だった。
やっちまいました、パックをそのまま漁るの図。
やだね~ひとりのときこそ、美味しい器を愉しまなくっちゃ!!
ほんとうのふるもの好きとは言えない。

だけど考えてみると三毛庵、
自分とふるものの関係性ももちろん重要ではあるのだけれど、
のんちゃんと食べたり飲んだり、お友達とおしゃべりしたり、
骨董屋さんとあれこれやりとりしたり、、
そういう、ふるものを介しての関係性抜きというのは一寸イメージが湧かない。
なのでやっぱり、器に盛ったら誰かとわぁわぁ言いたいよなぁ。。
(ここにUPすればよいのかも!!)
骨董の愉しみというのは、ひとり飯は決して嫌いでなくっても、
誰かと食べる楽しさはまた別、というのと同じようなものかな。

さすがにひとり酒がカップは侘しい、、、
という訳でもないが、梅酒サワーはお気に入りのグラスで。

20140815 024

えーっと、こちらはのんちゃんと梅酒サワーした時の図。
チーズの器は・・・

20140622 008
(9cm)

こんな色絵くらわんか
三毛庵は勝手にお花と蜻蛉って思っているのだけれど、
正直テキトーすぎてよく分からない。

確か時々勝見充男さんの本の隅っこに載っていたりするのとよく似ている。
あれって勝見さんの所蔵なのかなぁ。。
最初の頃は「こんなアバウトな色絵もあるんだ。」と不思議に眺めていたけれど、
恋心だとは気付かなかったな(笑)

20140622 007

だからって、どうこういうようなものでもないからか、
勝見さんもあまりあれこれ言っていないように思うけれど、
「ちょっといいな」が「すごいいいな」より劣るかと言われると、
実は「ちょっといいな」にヨワい三毛庵なのであった。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示