2014/10/19.Sun

鈴焼はいかが (伊万里?色絵扇面に梅文小皿)

20141019 031

鈴焼をいただく♪
和歌山は新宮、香梅堂さんのお菓子で、お祭りなどで売られる
カステラ焼のようなものなのだけれど、これがすっごく美味しいのである!
(新宮に行かれた人は皆さん買われているんじゃないかと思ふ。)
日持ちがしなくて買いに行くには少し遠いお菓子がやってきた、バンザイ!!
美味しい珈琲を淹れてぱくぱくいただく^^

20141019 032

お菓子の型もたまの鈴みたい♪

20141019 014

見つけてきた小皿は釉剥ぎに青色を配したもの。
何の柄かなぁ・・・と見ると、中央には扇面に梅花、
ぐるりは梅枝と、素朴なようで洗練の図柄である。
おぉ、香梅堂さんのお菓子にふさわしいではないか♪

20141019 015

一応伊万里系かなぁ・・・と思うのだけれど、
伊万里っぽい色味が上手く撮れない。。

20141019 033
(10.1cm)

ますます色味の悪い画像であるが、こんなフシギなる高台である。
(一番土味の粗い感じのを写してみた、美味しそうである。)
少なくとも幕末ぐらいはあるのかなぁ・・・とか思うのだが、どんなものだろう。
青いお色の周りにはハレーションも出ていて、
由緒正しき釉薬を使っていると思われるのである。
「近ごろ、古いものがなかなか出なくてねぇ・・・。」
お茶をご馳走になって、そんな世間話をしてきたけれど、
こんな愛らしいものを譲っていただき、満足な三毛庵であった。

関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示