2014/11/03.Mon

お新香と (古伊万里染付亀甲文小皿)

昨日の午後、頭を動かせば吐きそうな頭痛ですっかりダウン。
眠ったのやら意識を失ったのやら分からないほど。。
原因は、あれである・・・台風20号!!
三毛庵的経験則でいうと、あれがフィリピン沖ぐらいにいる頃が一番危ない。
日本に接近した時ももちろんしんどいのであるが、
一番ツラいのは、発生直後なのである・・・不思議だなぁ。
今回は、発生の噂を聞いてもそんなに酷くなかったので、あぁ大丈夫かなっ♪
と安心していたら、昨日の午後になって意識混濁!?の事態に。。
お休みでよかったことである。

今日は午後になって、身の回りを少し計り整頓。
何しろ三毛庵、連れ帰ったお品はなんでもほいほい、
そこら中に転がしておくもので。。
片付けが苦手というのもある。けど、しばらく眺めていたいんだな~。
部屋に飾るとかそんなんじゃなくって、普段何気に横目で眺めて、
それで「あぁ、やっぱりこれはええ子やなぁ。」とか感じ入ったりするのである。
(ちなみに三毛庵、小奇麗な骨董屋さんも勿論うっとりするが、
ものが所狭しとひしめいている、整理整頓って何??的なお店も
結構好きだったりする。
宝探しが愉しいのもあるけれど、却って主のものへの愛情が
垣間見える気がするのは、自分がこちゃこちゃ散らかす人だからか。)

ぱっと見て、好きとか嫌いとかは勿論あるけれど、
何げに気になるなぁ・・・と連れ帰って、じわじわ愛着が湧くものもある。
(買う時にそれが100%分かれば苦労はないのだが、そうはいかない。
そういうことも、実は骨董の愉しみなのかもしれない。)

20141030 010

なんていうこともない、古伊万里染付小皿である。
テキトー感溢れる絵付けのこのお皿が、テキトー感溢れて並んでいた。
(・・・ように何だか三毛庵には思われた。)
可愛い五弁花は、レッキとした古伊万里の生まれを主張していて、
何だか、連れ帰ってあげなくっちゃ、という気にさせられたのであるが、
こうして部屋に転がしておくと、実に微笑ましく鎮座するのであった。
伊万里、って言っても・・・藍九谷とか藍柿とか、そんな箔などないけれど、
一寸お新香など載せてあげれば、きっと美味しいだろうなと思う。
食の細い人など、こういう器で食べさせてあげたいものである。

P1190584.jpg

てな訳で、さっそくスーパーのお漬物セットを購入。
わぁい、可愛ゆす♪これは是非とも今度は糠漬けを作らねば~!!

20141030 011
(10.2cm)

裏も可愛ゆす。


おまけ画像♪三毛庵の十八番(笑)。
地味だけど、この下にはいつものくるみ餅。
この日はまだ暑かったので、かん袋さんでイートイン。

20141030 006
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示