2014/11/22.Sat

敗者復活 (京焼?色絵小急須)

3連休を前に、興奮して眠れない三毛庵である。
だって1日休養しても、2日はやりたいことができるもの。
(なので、さっさと眠りたいところであるのだが。。)

近ごろのんちゃん氏はなかなか素敵な九谷などをゲットしてご満悦である。
(いずれお許しが出ればUPしたいものであるが。)
かたや三毛庵は相変わらずマヌケなやつらに愛を注いでいる。

普段は行けない骨董市に行くと、どうも決断力が鈍る。
日頃より急須を無駄に買う三毛庵は、この日も気安い急須をゲットした。
(気安いところがまた、判断力の鈍るポイントである。)
そのあと、もっと古風なものを外国の人が買っているのを見かけて、
ちょこっと意気消沈したのであった。
これはそんな古くはない何処かの窯元の印のあるもので(京焼?)、
焼成の加減か、蓋もちょっと緩かったりしている。
やってしまったか、と思いつついつものように部屋に転がす。

P1190581.jpg
(胴径約7.5cm ほんとはも少し下から眺めるとかわゆす)

それでね、日々眺めていると不思議なことに日々よくなっていく。
目いっぱい褒めたところで、所詮は慎まやかでお煎茶が美味しく淹れられそうな、
普段遣いのお道具なのであるが、威張ってなくてほっとする。
愛情なるもの、日々暮らしてみてなんぼのものではないかと思ったりもするのである。

ところで三毛庵、こうして買ったものをじゃんじゃんUPして、
自分でもどぉなんだ、って思ったこともある。
(世のコレクター諸氏はあまり人目には晒してなさげなので・・・。)
だけど、ブログを書くほど、自分の好きなものがわかるようになる感じ♪
それにね、安かれ高かれ、UPして目垢のつくようなものってその程度なんよ。
三毛庵、可愛い子には旅をさせるのである。
(それにね、こうしておくといつでもわが子の写真をみれるしね♪)
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示