2014/12/30.Tue

あれやこれや (古伊万里色絵立花文皿)

今年は、義父を亡くした。
全くもって自由な人だったこともあり、ジョーシキ人の三毛庵はよく、
あれやこれやにココロの中でぶち切れてみたり、憎々しく思ったりもしたものだ。
だけど義父は、家族のこと、三毛庵のこともいつも気にかけてくれていた。
なので家族にも悔いが残らぬよう、綺麗に仕舞い支度をして逝った。
それでも、あのときああするんじゃなかった、と、
不思議なことにもう何年何年も前になるようなことが、
自分の心に小さく刺さっているのにふと気づく。
そうして、亡くなってみると、「あれやこれや」のほうは小さなことだと気づかされる。
よい思い出にしたいという自己都合かもしれないけれど、
それでも、後に残るのはいつも楽しそうにしていた義父なのである。

そんなことを思うと、日々何をすべきかは自然分かろうというものだが、
生きている三毛庵は、相変わらずどうしようもなく道に迷っている。
今こうしたほうがいいだろう、そう思うことが目の前にあっても
自分を守ることに精一杯で、結局同じ轍を踏んでいる。
後悔をしているというのなら、「今」後悔しない努力をすべきなのに。。
煩悩多き三毛庵である。

さて皆様、本年もここに遊びに来てくださいまして、ありがとうございました。
来年も皆様にとって、よき年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
本年の締めとして、花を添えたいと思います。

P1190659.jpg

のんちゃんに見つけてもらった立花の図。
この釉剥ぎのタイプで七寸は初めて見たのでちょこっと嬉しい。

P1190661.jpg

ニギヤカっていうか、キラキラ綺麗な虹の釉薬。
伸びやかな色絵はありそうでなく、眺めて見飽きない。
こういうのんって使えるものであろうか・・・とお試ししてみた!

P1190679.jpg
(約21cm)

真ん中におかずを盛ると、意外やあっさり目の赤絵、
食べ終わると虹の色絵で、ちょこっとうれしかった♪
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示