2015/03/01.Sun

雨、弥生(伊万里染付花見図飯茶碗)

三月、弥生、雨で始まる。
庭では暖地性のさくらんぼが咲き始めた。
もうすぐ桃の節句だけれど、桃が咲くのは陰暦の頃。
ひと雨ごとに、桃や桜のつぼみも大きくなるだろう。

P1190943.jpg

のんちゃんとぶらぶらしていて、こんな文様が目に飛び込んだ。
プーさんのはちみつ壺みたいな愛らしい文様だけれど、
確かこれって「雨文様」ではなかったかしら?
ごはんを飾ると美味しそうだなぁ、と手に取ってみると・・・。

P1190942.jpg

こんな文様のお茶碗だった。
最初は、、正直よく分からんかった。
なんかクリオネみたいのんがいるなぁ、って。
でもこう↑見ると、分かりませんか?
これねぇ、きっと「お花見の図」なの。
雲とか流水に水車?みたいな文様に混じって、
(らしからぬ)桜の大木が、わぁ~っと枝を拡げている。
どうやらクリオネみたいのんは、桜の枝を手折って担いでいる人のよう。
(余りにお茶目過ぎて、理解するのに妄想力を総動員したけれど。)
なんだかねぇ、分かると微笑ましくて泣けてきそうだ。
これを描いた人、お花見大好きだったのかなぁ。。
雨が降り、桜が咲いて、お花見をするのを心待ちにしていたのかなぁ、って。

おそるおそるお値段を聞いてみたら、時代もそれほどでもないのか、
あっけないようなことで、
あぁ、またお茶碗の神さまが私に連れ帰れと仰るのね、
気づけばそう自分に言い聞かせているのであった。

P1190934.jpg

さて、帰って台所をごそごそすると、残り物の牛蒡を発見!
久しぶりに五目ごはんが食べたいなぁ、と作ってみた♪
少し小さめのお茶碗だったけれど、この日はおやつのホットケーキで
あんまりお腹が空いてなかったので、ちょうどいい具合に。

P1190945.jpg
(径10.5cm)

春にはこれでもかと食す、豆ごはんももちろんお試し。
もうひと月もすれば、筍ごはんが食べられるなぁ、
近ごろ飯茶碗マニアの三毛庵、
お茶碗眺めては筍を食す日を心待ちにしているのである。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示