2015/03/22.Sun

「のんびり貝」 (古伊万里貝文豆皿)

桜も開花するぽかぽか好いお天気の週末だったけれど、
宵の口にざぁーっと雨・・・やっぱりなぁ。
今朝から頭痛がするなぁ、と思いつつそれを無視して遊んでいたのん。
越畑でお蕎麦を食べて、Kさんで硝子など見せていただいて、
大満足の帰り途、頭痛が無視できない雰囲気になってきて、
これはこれはと薬を飲んで助かりましたです!!
苦手な春であるけれども、都合よく好きなことだけは決行する三毛庵なのです。

さて皆様、このようなものを市で見かけたら、ぱぱっと何の柄か分かりますでしょうか。

P1200034.jpg

これはね、貝なのです、貝!
山水とか岩石とか、いろんな怪しいものに見えるかもですが、
春の浜辺で惰眠を貪っている貝たちなのですよぉ!
常日頃からこのようなものへの妄想逞しい三毛庵であるので、
人様にはなんと見えようとも、ダンゼン貝!!
ということでしかと掴んでみたのだけれど、ちょこっと悩むお値段で。。
高台にほつれがあったので、頑張ってお勉強いただいたのだけれど、
一寸セコかったかしらん。。
この日はちょいほつれがあるけれど好きだなぁ・・・というパターンが多くて、
「好き」という純粋な気持ちと「キズばっかりよくないかなぁ」という
セコいオトナの根性が入り乱れて、男前に買えなかったです。
でも帰ってきて、あぁやっぱりこれって好きだわ、としんみりして、
値切ってごめんなさい、とひとり反省したのでした。
(でもオトナなので、また次には忘れていそうだけれど(笑))

で、貝の話に戻って・・・ちょんちょんと小さくみっつ飛んでいるのは
だからチドリとか、そういうのんだと思う、
とのんちゃんに主張しておりました。

ともかく、うららかな春の日に貝の柄っていうのはすこぶるうれしい♪
三岸好太郎の「のんびり貝」の世界みたい。貝・貝・貝!!

P1200032.jpg
(径7.3cm)

裏もね、とろっと生掛けに折れ松葉とかって、ツボなカンジなのん。
あぁ、かわゆす♪

P1200068.jpg
(越畑のお蕎麦屋さんのゆべし作り。)

おまけ:先日の小鹿田でもうひとつ買ってみたものが・・・。

P1200057.jpg
(高さ22cm/坂本浩二・拓磨窯)

あまり大きなものは買わない三毛庵ですが、
よく焼けて健康的なボディが気になって、連れ帰ったもの。
えべっさんの笹が飾ってあったので、備品かなぁ・・・とそぉっと見ると
値札が貼ってありました(笑)。
ここの窯はヴォリューム感のあるものがかなり魅力的でした。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(1)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示