2015/05/28.Thu

パン屑を拾いながら (ウラン型ガラスコップ)

近ごろ何やらフラットというかニュートラルな三毛庵である。
で、、何かちょっとしたターニングポイントなのかも、
とうっすらと、漠然した思いを抱いている。
根拠なんかないのだけれどね。
おかしいなー相変わらず物欲まみれに過ごしているのに、
ちっちゃく階段をひとつ上ったような気がしてる、どうしてかな。

その階段は、決して骨董修行の階段などではないのだけれど、
ところどころにふるいものが落ちていて、
「わぁきれい!」って思わず手を伸ばして拾っては進んでいくうちに、
気づいたら一段上っていた感じ。
でも下から見ても、階段の先に何があるのかは見えなくて、
ただ三毛庵は落ちているものを見つけては、拾っている。

P1200233.jpg

蛍の季節が近づいてきた。
初めて見たとき、感動したのに光の色を覚えていなかった、
ザンネンな三毛庵であった。。

ウランガラスの光はちょっと蛍の光に似ているかも♪
このコップ、初めて見たとき連れ帰りそびれたのに、
のんちゃんにご縁があったようで、三毛庵宅にやってきたものである。

P1200232.jpg

ウランガラスはつるりとしたものが多いけれど、
これはまだすこし発展途上なところが好もしい。

炭酸を飲むコップには事欠かない三毛庵宅である。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示