2015/06/07.Sun

白磁好み (白磁鴨香合)

ストイックな書斎に、李朝の白磁の文房具・・・かっこいいだろうなぁ♪
白磁のふるもので自分らしさを出してみたいものである。
でもなぁ、結局誰かの真似事になってしまいそうだな。。白磁はむつかしそうである。

さて、朝の市の雑踏の中、これを見たときなんだろう?って思ったのん。
時代も産地も???だったのだけれど、
いっぱしの顔つきに思わずきゅんとなりやした。

P1200286.jpg
(全長約8.8cm)

ほぉら、ちびなのに眼光鋭し!!
蓋つきのやきものにヨワい三毛庵にとって、香合であるというのもポイント高し♪

P1200287.jpg

どこの何某か分からないもののお値段を計るのも愉しい作業である。
なかなか細工が細やかで、実はそう新しくもないのかなーと期待を込めて、
平戸とか!?って思ってみたりもするのだけど、
哀しいかな三毛庵、あんまり細工の平戸など見たことがない。

何にせよ白磁のトリさんは眼光鋭く鎮座されるのであった。
備忘録

6/6(土)は仕舞いの『堀文子』展へ行く。
P1200270.jpg

この猫さんに会いたかった♪

P1200272.jpg

ずっと変化を恐れず挑戦し続ける姿勢と、鮮やかな色遣いに魅了される。

P1200273.jpg

久しぶりに六甲山をドライブして帰ってくる。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示