2015/06/30.Tue

無用の用とうるう秒 (古伊万里染付六角豆皿)

気がつけば2015年も折り返し地点、明日はうるう秒とやらがあるらしい。
年半ばをよれよれで折り返す三毛庵であるが、茅の輪はくぐってきたのである。
怒涛の6月、思えば先月ただならぬ静けさに異変を感じていたのであった。。
ま、それはともかくとして、週末はちょっと東の京へ行ってみましたのん♪
(よれよれなのも自業自得である。)
もちろん話題のスポットや観光名所にはご縁はなく、
ひたすらにがらくたの地域差などを楽しんできたのだけれど・・・。
「へぇ、こういうのんってお高いのねぇ」とか、
「おぉ、こういうものには誰も目をつけないのか!」とか、
文化の違いを味わうのは旅の愉しみである。
のんちゃんは、そういう意味でなかなか賢いお買い物をしたようである。

画像がさっぱりないので、少し前のガラの中からの発掘品。

P1200315.jpg

六角形って変わってるなぁ、と思って手に取ると・・・

P1200317.jpg

フシギなることに、真ん中の円の部分がふっくら盛り上がった豆皿である。
盛り上がった部分は陽刻になっていて、ダミで文様が浮き出て
なかなかに手が込んでいるのだけれど、どうしてわざわざ使い勝手を
無視したのかなぁ・・・普通に考えてものが載らない(笑)。
でも、周りの唐草文様とかちまちまちまちま描かれていて可愛いのである。
豆皿というもの、「わぁ、お皿がこんな小っちゃくなるんだぁ♪」と
感動するほどミニチュアっぽくちまちま描き込んであるか、
或いは「おぉ、この大胆な図柄はお皿のちびっこさを感じさせない
スケールの大きさだ!」と感激するほど伸びやかな描きっぷりであると、
ポイント高しな三毛庵である。
なので、この無駄に凝っている豆皿さんも、その無駄故に愛おしい。
(用の美に感動したり、無用の美に感嘆したりと忙しいことである。)

P1200318.jpg
(長径8.3cm)

裏もフツーの古伊万里とはちょびっと違ってる。
こういうちょこっとだけ意表を突く感じににやっとなる三毛庵であった。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示