2015/07/05.Sun

エスケイプ (白磁輪花豆皿)

先週、トーキョーでこんなものを買ってみた。

P1200356.jpg

ちびこいお皿も、ぬらりとした白磁も好きな三毛庵であるので、
市の隅っこでこのようなものを発見すると、その日一日ちょこっと嬉しい。
上質なものを意を決して買うのももちろん愉しいことだけれど、
こういうものを拾い上げるのは、学校の帰りみちに道草を食うような、
密やかでこころ浮かれるとっておきのじかんである。

オトナになっても、ときを忘れて夢中になることがあるって、よろしい。
いや、もっといえば、始業時にひとりサボって海を眺めに行くような、
ちっちゃく我が道をゆく気分、そういう気分の遠征である。
(皆さん、エスケイプ(って死語?)はひとり派ですか?)

P1200357.jpg

捻子文の輪花に何故か四角く窪みがあるのがご馳走である。
(四角いチーズなぞ設置したくなる。)
エスケイプはひとり派の三毛庵であるので、
このようなツボも自分ひとりだけのツボであって構わないのであるが、
それでも同じように「やるなぁ、コイツ」などと仰る方がおられると、
なんとなく、あのひともひとりで海行ったりするのかな、
なんてちょびっと気になったりするのである。

P1200358.jpg
(径8.4cm)
P1200344.jpg

P1200345.jpg

トーキョーの窓から。。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示