2015/08/30.Sun

お買い物のやりとりと (プレスガラス小皿&小筥)

「十分安くつけてるとおもうんやけどなァ。」
言われてしまいました・・えぇ、仰るとおりですとも!!
「お買いドクかな」と思いつつ、さらに交渉する三毛庵、嗚呼大阪の○○ちゃん!
その昔乙女だったころ、値切り文化のない星からやってきた三毛庵は、
のんちゃんが電気屋さんでお値段の交渉をするのを見てびびったものでした。
何しろ幼少期はけっこうな人見知りだったこともあり、できることなら
口をきかずに済むスーパーでお買い物をしたいと思っていたほど。。
関西の商店街のおっちゃんおばちゃんたちの勢いが恐怖でした
しかーし、骨董を買うようになってから、なんと図々しくなったのでせう。
(・・・というか、お値段とは売り手と買い手の思惑の合致するところのものである、
という、考えてみれば当たり前のことに思い至っただけなのだけれど。)
今日は三毛庵、、気持ちだけでもお勉強いただけたらうれしいなァ・・・
という気分だったのである。
あるじのほうも「ちぇっ、しゃあないなぁ。。」と応じてくれたので交渉は成立♪
月日が変われば、人とやりとりしてものを買うのが楽しい三毛庵なのであった。

IMG_0022.jpg

さて、図柄のほうは本日の交渉とはなんのゆかりもないプレス小皿
のんちゃんが先日連れ帰ったものであるが、9.1cmと普通のものよりサイズ小さ目。
ちびっこなのに造りも柄も古典的で、大正はじゅうぶん、もしかすると明治あるかも~
というありそうでないシブさがウリである。

IMG_0021.jpg

無色のプレスとは至って地味なものであるが、
硝子の素材感を味わえるところが三毛庵的には好きなものである。
地味ということと凡庸ということはちがうと信じたい。

IMG_0020.jpg

そんな三毛庵、本日はこのようなものを発見!!
サイズ感が分かりませんね、4cm × 6.5cmとこれもちびっこ♪

IMG_0019.jpg

印肉が入っていたそうで・・・。
当時何でも硝子で作ったんだなあ、なかなかに珍なるものである。
無色の硝子マニアの三毛庵としては、小さな和ガラスの筥、というだけで
興奮するのであるが、このようなものには誰も目もくれる様子はなく、
あぁ、こういうんのんってニッチなのね。。と嬉しいような残念なような気持ちになる。

IMG_0018.jpg

周囲は雷文、上に唐草文なのだけれど、雷文は表にプレスしてあるのに
唐草文は裏からプレスしてある、とのんちゃんが不思議がっていた。
照明がよくないので、あまりイイ感じには撮れていないが、
実物は鈍色がかったふるい硝子のお色で、マニア好みなお品である。
全くもって無駄なものであるが、見ているだけで浮かれるなぁ、うしし♪
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示