2015/09/23.Wed

くりごはん (くらわんか手?染付瓜文膾皿)

IMG_0079.jpg

「瓜」を買って唐辛子をいただく。
先日@膾皿を買って唐辛子をいただいた、と言っていたその膾皿である。
少し前にロータス・ブルー(青蓮亭)さんが紹介されていたものと同手っぽい。
(撮り忘れたが裏行きがちょこっと違うような・・。)
青蓮亭さんのを拝見して、ちょっといいなぁ・・・と思っていたものを偶然見かけた。
もっと数寄者好みのかっちょいいくらわんかとか、世にはあるのだろうけれど、
ほんのすこし間の抜けたようなところが気軽な取り皿にはいいように思う。
くらわんか系のややグレイッシュなまったりした釉薬の辺り、
印判手ではちょっとニギヤカ過ぎる、、というときなどなど使い手がありそう。
(手前のお皿の上の部分は釉切れです。)

実をいうと三毛庵、膾皿も無駄に持っているのだが、
普通サイズ(14cm)で、日々の食卓で何気に使うようなのはあんまりないのよね~。
日ごろから「使う」目線での引き算が足りてないからだと思ふ

IMG_0113.jpg

さて、いただいた唐辛子、その日バーベキューで食し、
残りを本日かつぶしと醤油で炒めて食す。
(元が美味しいと手軽な味付けで十二分に美味しいのがありがたい。)
これまたいただいたポテトサラダに残り物のカクテキと、混然とした食卓(笑)。
おまけに器のコーディネートも三毛庵あんまり得意じゃないのよね~。
元が引き算の足りない私物が多いうえに、毎食組み合わせを考えるほど
凝り性ではないので、思い付きでお皿を取っちゃうのん。
唐辛子の鮮やかなグリーンには土もの、カクテキのオレンジには印判、
と個々に選んでいったらこうなったのだけれど。。

でも、なんとなく自分との相性の良し悪しのようなものがあり、
ちょっとした使い勝手とか、何かいつのまにか遠ざけてしまうものもある。
だからまぁ、気に入っているものが並んでいるのなら自分的にはよいのだが。
(いや、もっと「気に入っている」上に「バツグンのセンスの良さ」を目指すべきか?)

IMG_0114.jpg

さてさて本日のメインは栗ご飯♪
色々迷ったが、猫手ののんちゃんが美味しく栗ご飯をいただけるよう、
安心感のある厚みの赤玉ちゃんをセレクト。
栗ご飯様は赤玉ちゃんにいたく満足しているように見えるのである。
あぁ、秋はやっぱり栗ご飯♪
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示