2015/09/29.Tue

とらちゃん (染付印判手竹虎文角皿)

今年の秋は絶不調なしか?と浮かれていたら、台風21号!!
80m超の風が吹いただけあり、さすがにめっちゃ調子悪い。。
(ほとんど日本に来てないやん、と思われるでしょうが、
三毛庵これぐらいの距離感のときがとにかくだめなのである。)
ま、突然体質が変わるわけなどないのであろうけど、、ぬか喜びであった。

IMG_0132.jpg

とらちゃん♪
子とらが微妙にでかいので、一瞬夫婦かとも思ったが、
これってやっぱり親子ですよね。。
ぬいぐるみっぽい描写ではあるが、江戸時代のとらほどはヘンではない。
それにしてもこんな可愛い型紙を作ってしまうとはな~。

IMG_0133.jpg

竹虎の角皿なのであった。
三毛庵印判手の角皿の、このぱっと四方に開いて拡がるさまが好きなのね~。
こういう造作は明治に入ってのものなのかな、古伊万里とかではあまり見ないような。
(幕末近くにはあったかな、、)

IMG_0134.jpg
(一辺25.8cm)

「そんなデカい皿に盛られたら食い切れん。」と仰るのんちゃんに、
「ちょこんと盛るから大丈夫。」と返したのだけれど、やっぱりちょっとデカいですかね~。
(二人前の竜田揚げが貧相に見える。。)
美味しいパンを買ってきてどんと盛る、みたいなのがいいのかも♪

まだちょっと、このサイズのお皿には慣れない三毛庵であった。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示