2015/10/04.Sun

秋晴れ(九谷赤絵宝尽文小皿&リチャード・デイヴィス展)

秋晴れ、義父がこの世を去って一年が過ぎる。
いろんなことはあるけれど、朝起きて、仕事をして、ご飯を食べて、眠りにつく。
生きている者ができることはそういうことだ。

けれど今日はまた、台風が発生しているからかしんどくて、
したいと思うようなことがままならない。
目が覚めたときから絶望していたような鬱の頃を思えば
気持ちの上では全然問題じゃないので、
しんどいと言い訳する自分がもどかしい。

・・・ってつまらぬことを書いているなぁ、せめてね何かしていたいの。
書きたいこともたくさんある気がする。
でもなんだか、書けない。

IMG_0095.jpg

のんちゃんのみたいにかっちょいい赤絵ではなく、
ちょっと間の抜けたような、三毛庵の赤絵
お宝尽くし、、、昔の人は賢明だった、人智の及ばざることを知っている。
こうして文様に祈りを籠める。

IMG_0096.jpg

九谷の文字もヘタクソだけれど、それでも慎まやかに祈りがある。
備忘録:
10月3日(土)、案内をいただいていた神戸・歩歩琳堂さんの
「リチャード・デイヴィス展」に行く。
絵は好きなのに、さっぱり知識の足りない三毛庵であるので
この画家(版画家というべきか)のことなどちっとも知らなかったのだけれど、
是非にと思い、足を運ぶ。
いろんな感想は書けない、嘘になるのがいやだから。
だけど、息を吐いては吸うのと同じように絵を描く人が、彼の地にもいたことを思う。
三毛庵にも、絵は生きるのに必要だ。
歩歩琳堂さんで、そういう絵を見ると、新鮮な空気を吸ったような気持ちになる。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示