2015/10/22.Thu

椿と雪輪 (くらわんか手椿文皿)

そろそろ台風も終いかなぁ・・・と思いつつ、微妙に低空飛行の三毛庵である。
辛うじて持ちこたえながらやりくりしているのだが、なんとはなしに
ネガティブな気分で自分でもやだなぁ、、と思ふ。
という訳で、ごろごろしながらするにはもってこいのブログ書きで気分を紛らわす。

IMG_0141.jpg

昔買った、がまた登場・・・こんなんがでてきた。

IMG_0139.jpg

椿なのがいいな、と思ったけれど割にいいお値段で、
牡丹とかじゃなく椿だからかなぁ・・・と思った記憶がある。
微妙に厚ぼったくてグレイッシュで、あまり洗練されてない感じ、
でもなんとなく好もしい。

IMG_0140.jpg

ぐるりは松竹梅と雪輪文。

IMG_0142.jpg

雪輪文ってどうしてこんな文様なのかなぁ、って不思議だけれど可愛い。
描いてあるとなんだかトクした気がする。

IMG_0143.jpg

これってちょっと背伸びしてお洒落したくらわんか、、ですかねぇ。
当時は色の悪い古伊万里って思ってたけれど(笑)。
くらわんかの真骨頂はやっぱり秦秀雄ちっくな闊達な文様なのだろうけど、
こんな風に頑張ってお上品にしているくらわんかにも愛情が湧く。
骨董に舞い上がってた頃に買ったものだから、贔屓目なのかな。
もう今や発色の悪い古伊万里と言うべきか、
珍しくて洒落たくらわんかと言うべきか、冷静には判断できない。
だけでなく当時の自分への愛情がそうさせるのだろう。

このおの美点は、くらわんかだけあって安心感のあるところ。
伊万里よりはぽってりと厚手で、サイズ感も6寸とよいので
遅まきながら普段遣いにしてみようかな、などと企てている。
どんなおかずが映えるかなぁ、と想像をするのだけれど。。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
Comment
良いお皿ですね
くらわんかの線引きは、難しいのだけども、庶民の雑器に部類に入れるには、より上手の部類か?角福銘、目跡らしきものあることから、古伊万里に入れても良いのかも?
たまに5枚/組で店頭に出ますと結構良い値段が付いていますね。その為か?世の流れか?単品販売が主流になっていますね。
Re: karako60さんへ
こんばんは。
そうですね、確かにくらわんかとしてしまうのはちょっと乱暴ですね。
古伊万里といっても色々なものがありますよね。

> たまに5枚/組で店頭に出ますと結構良い値段が付いていますね。
その為か?世の流れか?単品販売が主流になっていますね。

このお皿も見たときもうすでに組ではありませんでした。
食器はできれば組にしておいてあげたいとも思いますが、
家族の単位や保管場所など、今の時代の生活ではなかなか難しいですね。

管理者のみに表示