2015/10/25.Sun

月夜に妄想す (染付波千鳥文小皿)

スーパーに買い物にでると、十三夜の月が上っていた。
気温も下がってきたようで、日が暮れるとうすら寒い三毛庵家である。
そういえば今日、昔こんなん欲しいなぁ・・・と思っていたものを見かけた。
買わなかったのは、今はもう欲しくはないからなのか?
少し計り骨董だけに集中できないこともあるからかなぁ。
欲が足りないのもちと寂しい気もする今日この頃である。

IMG_0145.jpg

これといったターゲットもなく市に出掛ける三毛庵であるので、
買う買わないの判断は見たとこ勝負で、自分でも基準がよく分からない。
「チドリだよ♪」と言われて見ると確かに千鳥が二羽飛んでいる。
一緒に描かれているのは波とか飛沫なのであろうか。
上下の文様は何故か葡萄か葛か、そんなんだろう、蔓が墨弾きになっている。
あんがい凝ってはいるのだが、なんともマヌケな感じの柄である。

IMG_0144.jpg
(径10.5cm)

これだけしか取れなかったのか、3枚だった。
なので可愛いお値段で「まとめて買ってよ」。
ちょっと可愛いかな、というようなものをいちいち買っていては
ますます保管場所がなくなるのであるが、
こころが動いたものはもうちょっと眺めてみたい。
市は一発勝負であるので、眺めていたくば身銭を切るほかないのである。

うちに帰ってきれいに洗い、机に並べてぼんやり眺める。
雑器中の雑器だなぁ。。とやっぱり思うのであるが、
そういうのが結構好きな自分を思い知る。
もっと粋なヤツとかで、「こんなん持ってるで」などと自慢したいところであるが、
(いや、そういうのも持っていないこともないのであるが、)
近ごろ益々がらくた好きなのは困ったことである。
でもね、困ったなぁ・・・と思いながら、こんなお皿に
ちょろっとお醤油を差したりしてみたいものだなぁ、とも思うのである。
(思うに、自分にとってよいものとは、この「妄想できる」というのが
ポイントであるような気がする。)
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(2)
Comment
私だけではなかった
そうそう、そういった思い ありますね。思わずニンマリしたのは私だけでしょうか? 眼よりも欲が張れば、眼も曇るし難しい。塵も積もれば山となり保管場所に困るのは必然か?!
これからも、収集欲を抑えつつ鑑識眼に磨きを掛け、妄想を思い切り膨らませてください。
Re: karako60さんへ
> 塵も積もれば山となり保管場所に困るのは必然か?!
自分が選んで求めたものには愛着がありますからね、
なかなか手放せないものです。
執着ではないつもりではいるのですが(笑)。

管理者のみに表示