2015/10/29.Thu

旅する骨董 (豊楽焼盃ふたつ)

旅先で骨董を見るのは楽しい。
もともと好きなものをふだんと違う風景の中で見るというのは新鮮だし、
ご当地ならではのものがあったり、
逆にご当地ではないのでお買い得なものがあったり
(このあいだの三田の徳利はそういうものであった)、
品揃えにもなんとなく土地柄のようなものがあったりして、
詰まらない箱モノ見学などするよりはよほどその土地を味わえる。
なので、いつも浮かれて骨董屋を覗いているのであるが、
先日は浮かれ過ぎてへんなものに引っかかった。
今になると地元なら買っていないようなもので、
どうしていいと思ったのかなと首をかしげてみたりするのであるが、
まぁそういうこともある。
カンジンなのは二度はやらないということだ。たぶんね。。
(失敗は問題ではないが、そこから学ばないのは問題なのだ。)

さて、またも勝手にひとのものを拝借してネタにする。
のんちゃんが東の京に行ったときに手に入れたものだ。

IMG_0105.jpg

豊楽さんの盃である。
やきものなのにオモテが漆塗りなのが特徴で、内側は織部風が多い。
漆が塗られていることで、しっとりと上品な味わいがあって佳いものである。
名古屋のご当地焼なので、かの地で見つけたのであれば
風情もあろうがお値段も高かろう。
こういうものが東京の市に並んでいたりすると、あれっと思うのである。
「骨董」とか「酒器」という分野でみると、愉しみの多いものだと思うのだけれど
「骨董」に過ぎるのか?東京では控えめなお値段設定であったと記憶する。
スタイリッシュな骨董たちに紛れて目立たないのはラッキーに思えた。

こちらは、玩具尽くしの黒漆。

IMG_0106.jpg

内側は豊楽焼の定番、織部釉が掛かっている。

IMG_0107.jpg

茶色いほうの蒔絵は葦雁文様。

IMG_0108.jpg

内側には可愛い八重桜で、春秋になっている。

東京なら隅田川焼などに憧れるところであるが、
こんな拾いものをするのも旅の思い出なのである。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示