2015/11/13.Fri

温泉チドリ (印判染付千鳥文飯茶碗)

お寒うなりやした。
一週間よれよれだった三毛庵、花金(って死語?)の夜、
お布団に潜り込んでぢっとしてます。
バッテリーが4%ぐらい?になったまま浮上できなかったのは堪えたけれど、
せめてもの救いは鬱にはならなかったことである。
・・・というわけで、持ちネタもないままにパソで遊ぶ。

IMG_0188.jpg

のんちゃんから賜った(と思っている)飯茶碗である。
このお茶碗のスゴいところは・・・な、なんと6客あることである(笑)
そんなにあってどうするのだ三毛庵、とはちょっぴり思うけれどせっかくだからなぁ。
飯茶碗LOVEな三毛庵であるが、毎日がしがし使えるお気に入りは少ない、
だって割っちゃうのやだもん!
でも、6客あれば安心♪・・・っていうんぢゃないですよん。
このお茶碗の真にスゴいところは、「可愛いのにタフ」というところなのである。
こういうのんって、戦後ぐらいのものなのかなぁ?
よく分からないけれど、カンカンに焼けた磁器で、そうは割れない感じなのです。
重からず軽からずで使っても洗っても心配ナシ♪
白ごはんをよそえば食卓をキッチュに飾ってくれるスグレ者~。

IMG_0189.jpg

という訳で、三毛庵家ではこのお茶碗を「温泉チドリ」様と命名して
日々ご活躍いただいているのでありまする。
(、、これは「温泉」ぢゃなく「流水」だとは思うけれどね。。)
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示