2015/11/23.Mon

ときおり願う (古伊万里染付山水文豆皿)

IMG_0228.jpg

へろへろの三毛庵、のんちゃんよりお土産を賜る。
ななんと、山水の豆皿さん♪うっひょ~。
南画みたいにぐいぐいっと引き込まれる山水ってあるのよねぇ。
それがしっかり描けているかどうかじゃなく、
ちゃっちくてもあるのよねぇ、画の中に入ってゆけるのが。。
いちまいいちまい描けっぷりが余りに違って笑えるのだけれど・・・

IMG_0229.jpg
(径7.3cm)

でもこれは分かる、、きっとこの二本杉(夫婦杉かな)を描きたかったのだと。
西の?海には入日が沈んで鳥もねぐらに帰ってゆく、
そういう景色を描きたかったのかな。
ちびっこの山水を、ちょっと旅する三毛庵である。

さて、京の都ではあんちーくふぇあもあり、大層の賑わいであったが、
みなさま戦果はありましたでせうか。
三毛庵はご多忙により最終日にお出掛けた。
なので冷やかし半分だったのだけれど、、気づけば出会いの多い一日であった。
すこし不思議だなぁ。。と思ったのは、
前回とあるいきさつで三毛庵が手放すことにしたお道具が、
無事お役目を果たして、よいところに収まったのだと聞いた後のことである。
その面影のあるお道具が、三毛庵の前にぽつんと現れたのであった。
手放したときには、もしもまたご縁があればいつか会おうねと、
そっと声はかけたけれど、今生のお別れはしたのであった。
なので、寂しいけれど未練とかはなくただ懐かしいなぁと時折思い出していた。
そうしたら、あぁこれはきっとあのお道具のお遣いなのかも、
そう思うよなお道具が、じいっとしていたのである。
そんなあほな、とみなさまお笑いになるかと思いまするが、
お別れをしないといけないときもあれば、コンニチハってやってくるときもあるのだ。
三毛庵はただときどき願っている。



関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示