2015/11/29.Sun

流れる冬空に (染付火馬文煎茶碗)

目が覚めたときから腰痛で、あぁ調子崩しちゃったんだと思う。
体調を崩して、鬱までいくと今度は腰痛になる、、へんなの。
先週はいろんなことで忙しく、セルフコントロールが難しかった。
乗り切ったかな、というところで堪えることがあり、結果持ちこたえられなかった。
それでも昨日は気晴らしができるかなと思い、ドライブに出掛け、
美味しいお蕎麦を食べて温泉に浸かってきた。
ドライブをしながらドアミラーを覗くと、そこに自分の車の窓ガラスに映った
冬空が見えて、その寒々しさにきっとこのまま平常心を保てないような気がした。
案の定、今朝は鬱なのであった。(この時期は珍しく・・)
こうなってしまうと、あとはもう無駄なことには極力苦しまないよう心掛け、
嵐が去るのを待つのみである。
布団にくるまってうつらうつらしたり、お気に入りの戦利品を並べてみたりして
お腹の底から湧いてくるような嫌な気持ちを追い出そうとする。
ホントに、ややこしいことである。。

三毛庵は煎茶を美味しく飲む器欲しさに骨董の世界に突入したのであるが、
全くもって無免許運転であったので、気に入れば真贋恐れずほいほい買った。
これなどは確か古伊万里と言われてそこそこのお値段で買っているが
(当時古伊万里全盛期)、こんな古伊万里なんてないよなぁ。。

IMG_0214.jpg

火馬と、

IMG_0212.jpg

麒麟?

IMG_0213.jpg

そして獅子が三方に描かれていて、煎茶器流行りの昨今でも
こういう愛くるしく典雅なヤツはあまり見掛けない。
当時の思い出も含め、結果的によいお買い物をしたと思っている。
作法も心得ずでは持ち腐れであるが、5客並べていれば満足な三毛庵である。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示