2015/12/23.Wed

当たり前でないこと (伊万里色絵蝙蝠文覗き猪口)

まんぷくにより、まったりとする三毛庵である。
先日はワインを料理で消費したが、本日は日本酒なのである。
そうだ、鍋!!ということで作りました美酒鍋♪
肉は豚とか鶏、ほかの具はすき焼きに入れるようなヤツ、
味付けは塩胡椒とニンニクにたっぷりの日本酒、うーむ簡単だ。
すき焼き風に卵でいただいたけれど、塩味の好きな三毛庵家には
ちょーどよい感じのお鍋であった。
こんなお味ができるなら、市販の鍋の素とかよりずっといいなぁ。
お酒でも、ワインの煮込みと日本酒の鍋では
こうも違う体になるのかと思ったけれど、どちらも無駄にせずに済み、
美味しくいただけてほっとした三毛庵である。
(何より死蔵をしないように気を付けなければ。。)

死蔵といえばこんなものがでてきた。。

IMG_0198.jpg

サイズをね、計っていないのだけれど、チビなのだ。
何でも骨董にしたい病のころ、ミルクピッチャーにいいなぁ、と思ったのん。
じぶんはブラックのくせに、時々来る友達夫婦とかミルク入れるから、
って全くの言い訳である。
今はさすがに何でも骨董を・・・という野望はないけれど、
でも、印判のお皿とか、和ガラスのコップとかを使っているとほっとする。
きっと何か、自分にとってしっくりくる時代感というのがあるのかもしれない。
うまくは表現できないのだけれど。。

それでも、こんなにお皿たちが好きな三毛庵にも、
ものを所有していること自体が心の重荷だったころがあったっけ。。
今思うと、それほど私は病気だった訳だけれど、
当時は自分は怠けているだけなのかといぶかっていた。
自分が失われる、その希望のなさを思い出すと、
自分が好きなことを好きと言える、それがどんなに恵まれたことか、
そのことを思うのである。

健康とか、平和といったものは、与えられているときには
当たり前のことのように思うものなのだ、きっと。

IMG_0199.jpg

吉祥文の蝙蝠さん♪
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示