2016/01/08.Fri

仮暮らし (備前兎文煎餅皿)

IMG_0009.jpg

ふぅ、酷い目に遭いましたです。。
と、ワールドくまちゃんたちが言っているかどうか。。
危うく捨てられそうになったくまちゃんたちである。
箱詰めしてつぶれたらあかんと思い、仮住まいに事前に連れて行っておいたのだが、
手伝いに来てくれた親戚に不用品と勘違いされ、放り出されたのであった。嗚呼。。

ということで、怒涛の引っ越し作業は予定通り完了、
へろへろになりながら仕事へも行きようやく週末、ほっとひと息である。

IMG_0007.jpg

そんなこんなでふるものたちも大半が箱詰め状態、
(というか箱詰めの大半がふるものたち、、っていうんですかね。)
煎餅皿の入った小箱を梱包せずにそろそろっと運んだので、
これはすぐ開けることができてパチリ。。
(引っ越しのドタバタの中で何故か買ったカメラもちゃんとキープ。)
ふるものの箱を開封すると、また元の場所に引っ越すのがタイヘンなので
できるだけちんまりと過ごそうと思ってはいるのだが。。

「すぐ使う」箱から出てきたのは、美味しい珈琲とその道具だったりするのは
なんかおかしいような気もするが、とりあえず、引っ越し直後に寝起きして、
仕事にも行けたので、無事に引っ越せたというべきだろう。
強いて言うと晩酌セットもキープしたのに、飲みかけの秋鹿の入った箱が
「すぐ使わない」行きとなり、これは週末に探さねば、なのであるのだが。
仮住まいは今のところ快適である。
三毛庵の嗜好は狭く深いので、少なくてもいいから
気に入った器で食し、ふるものを愛で、絵を眺められるようにしてある。
そうすれば、こころが乾くことがないからね♪
(欲深くいっぱいものを持っているようだけれど、それはご縁が多かったという
「結果」であり、ものの量に充足しているわけではないのである。)
そんな訳で、ここちよくコンパクトなる仮住まい生活目指し、
ばく進中の三毛庵なのであった。


関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示