2016/01/31.Sun

封印を解く (プレスガラスカップ)

仮暮らしも3週間を過ぎ、ものの配置とか、すこし慣れてきたかなと思う。
ふるものたちは日常使うものを除いては封印したままであるのだが、
ぼちぼち外出してまたふるものを連れ帰るようになり、
あーやっぱり不便だなぁ、、と思うようなこともある。
本を封印してしまったのがかなりザンネンで、本といっても図録の類いであるのだが、
折角連れ帰ったものを研究する愉しみが半減しているのである。
仕方なくネットで我慢しているが、これは段ボールを漁る日も間近であろう。

・・・というか、実は昨夜小さい箱を一つ開けちゃったんだけれどね。
その段ボールには「盃」って書いてあったのん。
一応あるのですよ、仮暮らしグッズにも盃は。。
でも暮らしが仮な分、ものも仮では寂しいのだ。
いや違う、最低限寂しくないようにしたつもりではあったのだ。
だけど、、これ一つで足りる盃、などあるのならば、
とうにふるもの買いなどせずに済んでいるであろう。
あぁ、仮暮らし終了まであんまり段ボールを開けずに済むと
よいのだけれど。

IMG_0041.jpg

三毛庵の好物、プレスガラスにカップがあるのであった。
まぁあるのは知っていたけれど、これは時代感も好物でちょっと古い。
おそらく大正はあるだろう、そうなるとあまり見かけないものである。
これってソーサーがあった?と聞くとやはりそうらしく、
これは売れ残りのハンパものなのだそうである。
いいなぁ、C&Sで買えた人もいらっしゃるのね~。
でもハンパものでも三毛庵とのご縁であるので、
この日の友に是非にとお連れするのであった。

そういえば、硝子をよく昭和なお家の和室で撮っていたのだけれど、
あの和室ともお別れである。
普請好きな義父のおかげで改築だらけのミョーな家であったが、
和室は素敵な和室であったのだ。
できれば、遺してあげたかったな。

IMG_0042_20160130114136cc9.jpg
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示