2016/03/12.Sat

エクレアの舟 (染付印判変形皿)

IMG_0974.jpg

変形のお皿という概念は、いつから始まるのか知らないけれど、
例えば織部など、やはり桃山以降のお茶の文化に関係するのであろうか。
のんちゃんが発掘した、ささやかなる変形のお皿たちである。
(可愛い三つ足のついた葉っぱのは、ひとつだけだったのでオマケにいただいた。)

IMG_0973.jpg

桃山には程遠い、キッチュな印判であるが、
帆掛け舟やら周囲の小紋やら、おトク感のある図柄である。

IMG_0975.jpg

はっぱの形(虫食い付)は源流を辿れば古染などに行きつくのであろうが、
そんなこと、作った本人は思ったりなどしたのであろうか。
骨董以前といったところだけれど、まじめでかりっと焼けてよい感じである♪

IMG_0986.jpg

のんちゃんの買ってきた、ちびエクレアを見ていたら、
このお皿を思い出して載っけてみた。

IMG_0987.jpg
(長径13cm)

こうすると、うちカフェもなかなか侮れない♪
テレビのグルメ番組で和食のお店がもてはやされたりしているけれど、
おうちのごはんだって、ちょびっとぐらい器のことも考えてあげたい。
高くなくってもよいものはいっぱいあるのである。
和食の国の人だから、うつわ文化も愉しみたいものである。

IMG_0988.jpg
(長径11.5cm)

葉っぱのお舟には季節を過ぎたお雛様を載せてみた♪
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示