2016/03/14.Mon

柑橘のかほり (ウランガラスハート文花皿)

しろごはんを炊き、野菜を切って、待ち構える。
きたー!宅配便♪ごはんを炊いて待ち構えていたのはシャケである。
実家から来ることになっていて、美味しいうちにいただこうと待ち構えていたのだ。
シャケごとき、と思われる方もいらっしゃるかもしれないが、
これがまた、焼くとふわっとほくほく、実に美味しいのである。
実家で頼む魚屋さんが、気を利かして冷凍せずにチルドで送ってくれる。
あーほんとうのシャケってこんなお味だったよなぁ、と思い出す。

IMG_0991.jpg

ナゾの柑橘をいただいた。
家にあったデコポンと一緒に、剥いていただく。爽やかなお味♪
皮がとてもよい香りであったので、マーマレードにはならぬものかと
お砂糖と炊いてみたところ、、何やら皮の佃煮みたいになった。。
お砂糖がね、グラニュー糖がなかったので、
キビ糖をちょろちょろっとけちってしたのがいけなかったのか?
とろみがなく、折角の綺麗な黄色も台無しである。
でもちょこっとつまんで、口に放り込んでみたりしている。

IMG_0995.jpg

ふだんは無色のガラスにこころときめく三毛庵であるが、
ふらふらっと綺麗なお色に吸い寄せられることもある。
摘み食いっていうヤツか。

IMG_0999.jpg
(径19.5cm)

ウランガラスなどという柄でもないのだけれど、
ごそごそ漁ってこのようなものに当たると、
そのまま黙って通り過ぎれないところが煩悩である。
だけど、このひらひらを棚の上に置いていると、
「色硝子って綺麗だなぁ。。」としみじみ思ふ。
(どうもそう思うとき眼に映っている、そのお色が
撮れているという気がいまいちしないのだけれども。)

ちょこっとウレシイような、、どう言えばよいものだろう。


関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示