2016/03/17.Thu

ポンコツの春 (王地山焼?色絵豆皿)

しんどいので横になりたし、、と思っていたら、
しんどさのあまり眠れない、三毛庵ポンコツの春である。
ここ数日、周囲のポンコツな出来事に苛立って、しんどいなぁとは思っていたのん。
でも結局のところそれって、自分に余力がないからなのね。。

ブログを書いていて便利なのは一年前の自分のことが分かることである。
数年前から自覚はあったが、3月はいつもポンコツなのであった。
腑抜けでよければ春というのは悪くはないものなのであるが・・・。

IMG_0161_20160316204831d2a.jpg

という訳で、落ち着いて眠れるまでこんなことをしている次第である。
ニギヤカな豆皿は、ん・・・伊万里???という多大なる疑問符を持ちつつ手に入れた。
三毛庵の偏った性癖は、何かわからないものに吸い寄せられることである。
なのでたまに痛い目にも遭う。(もちろん買うときには勝率7割以上と踏めばチャレンジするのだが。)
妄想する自由を買っていると思えばお安いものである。
まぁ、いずれにしても自分の好奇心に嘘をつかないことである。

IMG_0162_20160316204832a82.jpg

これは、もしかして王地山か三田かなぁ、とちょっと思ったのん。
というのはこちら@(←これも王地山という確証はないが)と同じ型のような気がしたから。
色絵のせいで印象はずいぶん異なるが、型は同じようである。
少ないながらもこのような王地山の色絵は存在するのだが、
三毛庵の知っているものには青や黄色の釉薬はなかったように思う。

IMG_0163_201603162048346f8.jpg
(径:6.7cm)

それにしても・・・
ポンコツでもこういうことには頭が働くのはフシギではあるけれども。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示