2016/03/29.Tue

美しいかさえ (グラヴュール小杯ほか)

IMG_1023.jpg

「アイスの実が載る。」と、のんちゃんは仰る。
「ピノはムリやな。」「いや、ピノも載る。」
・・・って、だからどうだというのだろう?
だいたい、この世界の住人はどこかおかしい。
ビミョーに使えるかどうか、そのようなことなど
常人にはどちらでもよいことである。

IMG_1022.jpg
(径4cm/高さ7cm)

でも、頑張れば使えそうなところが、ちっこいもの好きのココロをくすぐる。
これって実際何かを飲んだりしたのかなぁ、、と妄想膨らむ。
ガラスでロゴもグラヴュールで、そこそこ古いものだと思うのだが。
(ブランド名のサントリーは昭和4年からだそうである。)

わざわざ探して買うようなものでもないだろうけれど、
市をぶらぶらして、ふと目に入ったりすると一寸うれしい、そういうもの。

IMG_1019.jpg

IMG_1020.jpg
(径7.1cm)

こちらはなんということのない、昭和プレスガラスであるが、
盃サイズなのがこそっとウリである。
この日ののんちゃんの戦利品であった。

ここらへんの硝子は殿堂入りのお品とちがって、
自分が見つけたような気分を味わえるところが
ヘソ曲りのココロをくすぐる。
もう、美しいかさえ気にも留めない品々である。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示