2016/04/16.Sat

草迷宮 (布志名焼扇面豆皿ほか)

気に入ったものだけを買えたら素晴らしいだろうかと思う。
何を言ってるんだ、そうすればいいじゃないかと言われそうだ。
もちろん、そのときは気に入ったものを買っているつもりなのだが、
なんとなく後から余所余所しく感じたりするものもあるのだ。
一方で、安かったとか、そういう下司な理由で
なんとなく買ってしまって後ろめたく?お迎えしたのに
なぜかとても気に入ってしまう、とか
その時は気に入ったことに気づかないけれど気になって、
手に入れて正解だった、とかそういうこともある。
なのでせっかくの軍資金、100%当たりで使えればいいのになぁ、
なんて思うのである。
・・・でもまぁ、そうなったら詰まらないのかもね、
勝ち負けのないゲームのようなものだもの。
(AIが発達して、お気に入り発見システムができたらもうすることなんかない。)
では、軍資金を有効に使いたくば、好きな分野に絞ればいいのだろうが、
その時々、いろんなものに吸い寄せられる三毛庵には、
これまたむつかしいことである。
きっと、ふるものを集めて、自分の箱庭を作ってるんだろうなぁ、と思う。
自分でもどういうものが出来上がるのか永遠のナゾであるが、
秘密の花園に、小石を置いたり下草を植えたり、
そんなふうにせっせとがらくたを召喚するのである。

IMG_1070.jpg

大黒様の召喚である。
ちまちましたけなげな字で「出雲大社」とある、おそらく布志名焼だろう。

IMG_1069.jpg
(長径10.2cm)

どうということのないものだが、扇面なのがイカしている。
さっそく箱庭に配置する。

IMG_1101.jpg

こちらは青磁でちびな長皿でおまけに隅入と、くすぐられるものである。

IMG_1102.jpg
(長径8cm)

ちびこそ裏も抜かりがない。
これも箱庭のパーツとして十分な働きをするであろう、召喚。
(どれもちょこっと当たっているので三毛庵の庭に
迷い込むことになったものである。がらくたは愉しい。)

それにしてもこの箱庭、設計図もなく、鬱蒼と生い茂り
全体も見渡せない。
益々途に迷ってしまいそうだ。

IMG_1100.jpg

おまけ。
ういろうの地味・・・いや滋味溢れるお味♪
(桜味は仕舞いにして、何故か季節外れな栗!)
和菓子のほっこりしたお色の似合う珉平さん、重宝してまする。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示