2016/04/29.Fri

信ずるに足る (古伊万里広東形草花文猪口)

連休初日、骨董散歩にお出かけする。
期待もせずに冷やかし半分で行くところがミソである。
そのほうが、ちょっとしたものを見つけたときにうれしいものね。

IMG_1122.jpg

いわゆる広東形のそば猪口、手に取って間近で見ると
ぽってり生掛けで可愛いものであるがお値段も可愛く♪
お散歩記念、といったところである。

IMG_1124.jpg

使い途がなぁ・・・アテでも入れるのか?
などと思案しつつも、転がして愉しんだりする。
でもね、アレにぴったりだと思ったのん!

IMG_1128.jpg

じゃじゃーん、さっそく入れましたです、アイスクリーム♪
硝子ばかりじゃなく、たまにはやきものにアイスもよろしいかと。
中は結構小ぶりなので、アイスはちょびっとの三毛庵には丁度よい。
こういう雑器の類い、使い途が見つかるとちょっと親しく思う、
そういう感じ。

さて本日の骨董散歩、のんちゃんは額縁をゲットして、
さっそく我が家に散らばる紙ものを額装して誇らしげである。
三毛庵は額縁代よりキモチ上乗せして銅版画をゲット。
ネット上ではほとんど出てこない作家さんのようだけれど、
これ見よがしなところのないもので、このひとは信じられるような気がする。
調べて何かわかると愉しいけれどなぁ。。

さて、そろそろ飯の支度でもしまするか。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示