2016/05/02.Mon

連休雑感 (型吹ガラス筒盃)

連休前半、北海道は雪が降るほどの寒さだった。
札幌で三岸好太郎美術館へ行く。
近くでカレーうどんを食す、しかも京風である。
(のんちゃん曰く京都の日の出うどんさんに近しいお味、
と言えばカレーうどん好きの方には伝わるであろうか。)
美術館の近くにスープカレー屋さんがあり、以前行ったときに
いっぱいであったので、その「カレーうどん椿」さんへ行ったのだ。
京揚げと九条ネギの出汁風味を北海道で食べるのも不思議であるが、
お昼はうどんそばが多い三毛庵家にはありがたい存在である。
(ちなみに今日は竹老園にて蕎麦を食す。
肉食女子三毛庵は親鳥の滋味あふれるかしわ種込が定番であるが、
のんちゃんはあわ雪派である。
泡立てた卵がクリーミーなお蕎麦で、竹老園でかしわぢゃないのん?
と不思議に思ったものだが、卵マニアには密かに人気のメニューのようだ。
本日は蕎麦寿司も半分こで食す。)

翌日はせっかく開通していた知床峠が凍結で閉鎖、
あきらめてお気に入り、川湯温泉の公衆浴場に入る。
川湯温泉・硫黄山の硫黄の匂いとかは大の苦手で近寄らない
三毛庵であるが、硫黄泉の温泉は格別なのである♪

実家に帰ると、庭にはシラー、タツタ草、サンギナリア、
いろいろの球根、山野草が咲く。
北海道では空気の色も花の色も冴え冴えとしていて、
湿潤な関西から見ると、やはり日本という概念から外れている。
山野草が地植えで鮮やかに咲くのは羨ましいが、
地味な茶花がもっさりと咲く日本っぽい関西の庭もそれはそれでお好みである。

IMG_1131_20160502080013cd4.jpg

実家でだらだらブログでも、と画像を持ってきた。
(なのでサイズを測っていないケド、小さめぐい飲みサイズ♪。)
こちら@の筒盃をいたく気に入って、やたらと使っていたら、
のんちゃんがそれでは、とこれを連れ帰ってきてくれた。
確かアルフィーの坂崎さんの本に同手が載っていたような、とみると
それはおんなじ感じの乳白の手だった。

IMG_1129_20160502080011d96.jpg

姪に言わせると、本の乳白のほうがイイ!そうであるが、
三毛庵的には無色がお好みである。
ちょい飲みばかりの三毛庵は近ごろ馬鹿の一つ覚えのように硝子盃だ。
(仮住まいというせいもある、、)
呑兵衛だったらもっと酒の旨い酒器ってあるのかもしれないが、
まぁ存外せっかちなこともあり、硝子でぱぱっと飲んでおしまい、
っていうのが性分に合っているのかもしれない。

やきものにしろガラスにしろ、よい盃というもの、
生活スタイル、酒量によって本来人それぞれなのだ。
どんなに自分の盃が、徳利がお利口かを自慢するのは
つまりは親バカなわけだけれど、
まぁそれが遊びっていうものですからね。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示