2016/05/22.Sun

人が見たら (李朝堅手塩笥)

IMG_1181.jpg

ずーっとこんなふうににらめっこしてた。

IMG_1186.jpg

まいったなぁ・・・というかんじ。

IMG_1184.jpg

ニューもありまするが、景色だと信じることに。

IMG_1185.jpg

この面は、口をつけるのにうってつけ。

IMG_1187.jpg

どこからみても、どうしてか好もしい。

IMG_1188.jpg

高台はアバウト(笑)。

不思議と、塩笥になるとは思い浮かばなかった。
ただ、庭の花なんか入れたら泣けてくるな、、そう思った。
ほんの寄り道で見つけたので、慌てて連れ帰ったのだけれど、
両掌で抱えると、奥ゆかしい見込みが見えて、あ・・塩笥、と気づいた。
浮かれて綺麗に洗い(釉薬が切れているのは指跡でカセではない)、
取り急ぎ何か飲まん、とインスタントのもずくスープを投入。
皆さま、もずくは塩笥で飲んではいけません!全く飲みにくい!!
でも、もずくがあかんだけであって、スープはそこそこ飲みやすく、
飲み干すには若干上向きになるものの、小さな塩笥と言っていいだろう。
それから、紅茶を入れたり、いろんなものを飲んでいるが、
両手はもちろん、片手でも持てる、賢いお茶碗である。
塩笥なるもの、冬のものなのであろうが、三毛庵は大きな氷をごろんと入れ、
アイスのお茶を飲んだりする。掌がひんやりとして実に美味しい。

三毛庵昔大それたことに、唐津の塩笥を手に入れた。
冷え寂びた様なそれは、シロートの三毛庵にはほんとに唐津か
さっぱり分からないような(実は今でも分かっちゃいない)、
李朝的なヤツなのであるが、今思えばこれはあれに似ている。。
いや、あれがこれに似ているのか・・・。
きっとこういうものが、唐津を生んだのだろうな、、と思ってみる。
いままで李朝でのっぴきならない気分になったことはあまりないのであるが
(というのも、そういう李朝は手近にはないせいだろう)、
これには三毛庵、とても満ち足りた心地がするのである。
不思議と、例えば伝世の味がついてればいいのにな、とか、
もっと素晴らしい高台ならいいのにな、とか、そういう理不尽な要求を
これに対して思うこともない。
ただ在るだけで仕合せな心地がするのである。
これはちょっと、、「人が見たら蛙になれ」と念じてしまうやもしれぬ。


関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示