2016/05/26.Thu

おさかなの夢 (西村宣造の小さな銅版画)

ことのほか、堪えた5月である。
昨日も頭痛と吐き気で身動きできなかったが、
それでも、天気が下り坂なだけなのだ
・・・たったそれだけでって、、。

IMG_1201.jpg
(縦:約10cm)

西村宣造先生には生前お会いしたことがあった。
怖くて話しかけられなかったけれど。
余りに嘘などすぐに見抜いてしまいそうな眼をしていたし、
私はそのとき不満に思ったからだった。
不満とは畏れ多いことだが、先生のことなど何も知らないくせに、
そのときはどうしてもナットクがゆかなかったのだ。
(当時の状況にはそういうこともあったのかもしれない。)

だけど今、こうしていると、
人はひとりだ、というようなことを噛みしめている時
隣にひっそり寄り添ってくれるような、そういう哀れが、
このような切れ端にも潜んでいる。
西村宣造という人はそういう人なのだと思う。
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
絵のこと | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示