2016/05/28.Sat

頃合い (白磁金彩松文盃)

日ごろ寝る前、ほんのひとくち呑むだけの三毛庵にとって、
さらりと飲める硝子の盃など実に美味しくいただけるものである。
硝子の盃やすっきりした磁器の盃で飲むお酒が水っぽいかというと
そうでもなく、却ってお酒そのものと向き合えていいように思うこともある。
呑兵衛だったら、そうはゆかないのかもしれないが。。

IMG_1217.jpg
(径5cm)

よく吟味された白磁とふっくらした金彩に目が留まる。
実に品佳くお酒をいただけそうななりである。
白磁にありがちな冷たさもなく、装飾も華美でなく、
硝子の盃のようにお酒そのものを楽しめそうなつくりである。

IMG_1210.jpg

よく見ると、金彩というよりは蒔絵である。
どういうつくりかは分からないが、松葉に薄っすら緑が載っている。

IMG_1211.jpg

千鳥の粒々がずいぶん異なる(笑)。
これでちょこっと呑んでみたいなぁ、と例によって妄想すると、
ちょっと小さいんちゃう?とのんちゃん。
確かに口径はすこし小さいが、深さもあるのでいけるのではなかろうか。

盃のサイズ感は、酒量によりけりである。
三毛庵的にはわずか50cc、1~3杯で飲めれば合格である。
(酒豪の方は50ccを3回に分けてたらやってられないであろうが・・・。)
帰って計ってみる、3回でちょうど50cc、ジャストサイズ♪
しめしめ計画通りであるぞ~と浮かれる三毛庵。

さぞかし美味しいと思うんだけどなぁ、、ということで、
乞うご期待!の今宵なのである。

IMG_1223.jpg

後姿も蒔いてます♪
関連記事
スポンサーサイト
 ◆にほんブログ村に参加しています!お気に召しましたらポチッとお願いします♪
 にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ    
ものたち | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示